プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ

2008年10月29日

目指すなら、ボス

目指すなら、ボス

10月10日発売のサンクチュアリ出版の最新刊
「PLAY JOB」(ポール・アーデン)
イギリスの天才クリエイターの
ポールアーデン氏が送る熱いメッセージ集。

発送の転換というか。
ひとつひとつのメッセージ強烈なインパクトがある。

僕がヒットしたのはココ。

~~~引用
チャーチル首相は言った。
もしもトップになったら、ずっと政治のことだけを考えていればいい。
でもナンバー2どまりだったら、政治のことを考える前に、
ボスが考えていることとナンバー3以下の人間たちが
考えていることを考えなければいけない、と。

ナンバーワンじゃなければ自分の将来を支配することはできない。
最初からボスを目指せ。
自分から行動を起こせば、誰でもボスになれるんだから。
~~~ここまで

首相、市長、社長、校長。
トップと呼ばれる人たち。

校長なら、学校をどうすればいいか。
生徒に対して何が必要か、に集中できる。

もちろん。
教頭、教諭とのチーム作りもできなければ、
いい教育は到底できないのだけど。

やるからには、ボスを目指さなきゃ。

同じカテゴリー()の記事画像
「探究」とスピノザ哲学
チームになるとは、「問い」を共有すること
「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」
ウチに天才はいない。だがウチが最強だ。
ベクトルとして存在を許されるカフェという場
なぜ、若者は「地域」を目指すのか?
同じカテゴリー()の記事
 「探究」とスピノザ哲学 (2020-12-02 08:34)
 「効率化」以外の解決策はないのか? (2020-11-28 07:59)
 チームになるとは、「問い」を共有すること (2020-11-27 09:43)
 それは「本屋」かもしれない (2020-11-04 07:20)
 「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」 (2020-10-25 07:57)
 ウチに天才はいない。だがウチが最強だ。 (2020-10-17 09:56)

Posted by ニシダタクジ at 06:21│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。