プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年10月31日

マンガに感化される

「大切なことはすべてマンガが教えてくれた。」
は大学時代の僕の言葉であるが。

僕が農学部を志したのは、
高校生のときの週間少年マガジン連載マンガ
「SHOGUN」を読んで、「オレも世界に貢献するべ!」と思ったことが
始まりだった。

大学に入ってからは、
「沈黙の艦隊」「覇王伝説 驍」「サンクチュアリ」
に心が熱くなった。
共通していたのは、「志」かな。

いまはこれ。
「太陽の黙示録」(かわぐちかいじ 小学館)

昨日は、建国編第2巻の発売日。
東京にいたので買ってきました。
新潟だと今日発売ですね。

マンガの中に漁業協同組合「巻支部」が出てきてました。
さすがわれらが巻!
物語も建国編になってから、かなり熱い感じで進んでいます。
日本大震災で世界に離れ離れになった日本人がふたたび日本に帰ってくる
というストーリーです。

マンガに感化されるって結構あると思う。
特に中学生・高校生時代って、
なんというか、志に触れるっていう経験自体が少ないから。

「志」あるマンガに出会うことって
ひとつの財産かもしれません。

熱いマンガのみを集めたマンガ喫茶ってのもいいですね。

同じカテゴリー()の記事画像
「エンゲージメント」する
「多様性」と「編集」と「対話」と「価値観」と「アート」
二元論という禁断の実
伽藍を捨ててバザールに向かえ
後期近代と「何者~ナニモノ」問題
僕たちはダーウィンを誤解している
同じカテゴリー()の記事
 「エンゲージメント」する (2020-01-03 06:52)
 「多様性」と「編集」と「対話」と「価値観」と「アート」 (2020-01-02 06:54)
 二元論という禁断の実 (2019-11-25 08:47)
 伽藍を捨ててバザールに向かえ (2019-11-01 09:12)
 後期近代と「何者~ナニモノ」問題 (2019-08-24 06:22)
 僕たちはダーウィンを誤解している (2019-08-23 08:28)

Posted by ニシダタクジ at 06:32│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。