プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2011年02月06日

新しいニッポンの創り方

会津若松商工会議所青年部主催
第2回ジュニエコサミットに参加してきました。

「ジュニエコ」とは
ジュニアエコノミーカレッジの略で
小学校5,6年生が5人1組でガチンコ商売体験に挑む3,4ヶ月ほどのプログラムです。
http://www.jec-net.com/

会津若松では10年前からこの取り組みが行われ、
商工会議所青年部のメンバーが子どもと一緒に
汗を流しています。

今回のサミットでは、
ジュニエコの目的とは何か?
をテーマに、僕は聞いていました。

音楽教育が
音楽家を育てるための教育ではないように
起業教育は
起業家を育てるための教育ではありません。

「自分で決める」ということ
そして、「自分で決める楽しさ」を知るということ。

あるチームは、焼きそば屋台を
やることになった。
当然面白いのは、
営業やお客さんを連れてくること。

でも。
自分の役割を焼きそばを焼くこと、に決めた男の子。
200食の焼きそばをひたすら焼き続けた。
そのかっこよさに大人がシビれたのだという。

自分の役割を
自分で決めるということ。
そのことの価値と楽しさを知ってもらいたい。
これが真髄だ。

会津若松で始まったジュニエコは
すでに全国11団体が開催している。

夜の大懇親会。
全国各地から集まった人たちが
酒を酌み交わす。

ジュニエコは会津若松商工会議所青年部
が全て基本マニュアルを提供してくれる
それに沿ってやるとできるような
仕組みになっている。

無償のノウハウ提供。
チャレコミでもそうだが、
いま。心のある人たちが、つながってきている。

その中心には、
志ある人の姿が見える。

ジュニエコに参加した小学生の人生を変えるのは、
プログラムそのものではなく、
このプログラムに本気になって取り組み、
地元で生きることを誇りに思う大人たちと
直に接することで伝わった何かなのだろう。

新しいニッポンの創り方を
ひとつ、教わりました。

新しいニッポンの創り方
幻の酒「飛露喜」

新しいニッポンの創り方
仕掛け人、大堀さんと。

同じカテゴリー(学び)の記事画像
未来は達成するものでも、つくるものではなく、発見するもの。
「場」に委ね、「学び」を待つ
「学び続ける」から「まなびはつづく」へ
何のための教育魅力化か?
ICTってそういうことか、って。
「存在」は創造のエッジにある
同じカテゴリー(学び)の記事
 未来は達成するものでも、つくるものではなく、発見するもの。 (2020-11-22 07:34)
 探究的に遊ぶ (2020-11-21 08:19)
 「場」に委ね、「学び」を待つ (2020-11-18 07:20)
 「学び続ける」から「まなびはつづく」へ (2020-11-16 08:28)
 何のための教育魅力化か? (2020-11-14 09:48)
 ICTってそういうことか、って。 (2020-11-13 07:20)

Posted by ニシダタクジ at 06:55│Comments(0)学び
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。