プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2011年02月11日

あきらめない理由はなんですか?

同友会の
瀬野さん、渋谷さんと
社会事業創造ワークショップの振り返り。

「地域課題」と「自社課題」
のどちらを優先させていくのか?

そこが今回の企画の肝になっていく。

「自社課題」のフォーカスをいったん外して
地域に目を向けて、
本当に共感できるお困りごと、地域課題を
見つけて、そこにビジネスを構築していく。

それがワークショップのポイントになるだろう。
という話で盛り上がる。

地域で困っているネタを探して、
そこに対してビジネスが生まれそうかどうか、
で事業に取り組むのではなく、

本当に解決したい社会的課題がある。
だから、自社の資源を投入して、
その解決に向けて動く。

その違い。

小さな違いのようだが決定的な違いだ。

「あきらめない理由はなんですか?」
この質問に答えられるか、否か。
この差で事業が創られるかどうか、決まってくる。

4月20日27日(予定)で
再び開催する方向で動いていく。

次に参加者に問いかけるのは、
まさにこの質問だ。

「あなたがこの事業に取り組むときに、
あきらめない理由はなんですか?」

僕がいまやっているのは、
15歳の自分自身のため。

あの日、人生が展望できず
誰にも相談できず、
不安で苦しい日々を送っていた。

あの日の自分に
「あなたの夢を聞かせてくれ。」

そう言ってやる大人を
無限に増やしていきたい。

それが僕の出発点です。

同じカテゴリー(学び)の記事画像
未来は達成するものでも、つくるものではなく、発見するもの。
「場」に委ね、「学び」を待つ
「学び続ける」から「まなびはつづく」へ
何のための教育魅力化か?
ICTってそういうことか、って。
「存在」は創造のエッジにある
同じカテゴリー(学び)の記事
 未来は達成するものでも、つくるものではなく、発見するもの。 (2020-11-22 07:34)
 探究的に遊ぶ (2020-11-21 08:19)
 「場」に委ね、「学び」を待つ (2020-11-18 07:20)
 「学び続ける」から「まなびはつづく」へ (2020-11-16 08:28)
 何のための教育魅力化か? (2020-11-14 09:48)
 ICTってそういうことか、って。 (2020-11-13 07:20)

Posted by ニシダタクジ at 06:46│Comments(0)学び
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。