プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2011年02月23日

有利とか不利とか

大学卒業者の
専門学校入学が急増しているのだという。

「もっと専門的知識を身につけたい。」
という人ももちろんいるだろう。

しかしながら昨今の就職難が
そこに大きく影響しているそうだ。

既卒よりも
専門学校の新卒のほうが就職に有利。
そんな神話があるのだという。

さて。その話を
採用側に立ってみたらどうだろうか。

履歴書を見れば全て書いてある。
大学を卒業して、専門学校へ進学。

その理由は?
と聞きたくなる。

その明確な理由はいろいろとつけられるのだろうが。

「簿記の知識が重要だと感じたから」
「コンピュータースキルを身につけてから社会に出たかったから」

そんな言葉で
面接官は「欲しい」と思うのだろうか。

就職は受験とはだいぶ違う。
1浪2浪したからって受かる保証はまったくない。
可能性としてもそんなに上がらないだろう。

それよりも経験を積むこと。
面接官に語れる、いや、どこの職場にいっても
語れる経験を積み重ねること
こそが大切なのではないか。

「有利」とか「不利」とか
言葉に翻弄されるのはもうやめよう。

あなたは、「新潟の大学生」という集合体ではなく、
あなたは、あなたという個人なのだから。

一般論ではなく、自分で自分の未来をつかもう。

1,2年生から始める
「就職活動ステップ0」とは?

東京で就職サポートを10年行っている
株式会社ジョブウェブの佐藤社長を招いて、話を聞き、
その後、春休みのインターンシッププログラムの
紹介があります。

2月26日(土)13:30~
新潟駅直結ガレッソホールにて
ソーシャルプロジェクトフェア2011春を
開催します。

参加申し込みまだ受付中です。
名前、所属、連絡先を記入の上
info@herosfarm.net
へお願いします。

同じカテゴリー(就職)の記事画像
コナトゥスを意識する
「就活」と「手紙」
コードネーム「耳をすませば」
「早く進路を決めろ」という呪縛
「機能」としてでなく、「人間」として就職する。
企業も、乗り物
同じカテゴリー(就職)の記事
 やりがいは何か?という愚問 (2020-09-07 06:24)
 コナトゥスを意識する (2019-03-14 16:46)
 「就活」と「手紙」 (2019-01-14 08:21)
 コードネーム「耳をすませば」 (2019-01-13 09:08)
 「就活」というフレームワーク (2018-12-19 07:03)
 「有用かどうか?」という思考の罠 (2018-10-07 11:02)

Posted by ニシダタクジ at 08:08│Comments(0)就職
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。