プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2011年02月24日

「食」を見つめる

豊かさ、価値観を考える。

僕はその大きなヒントが「食」
にあると思う。

「効率化」の名の下、
化学肥料と農薬を大量に使われた野菜
誰が作ったのかわからない果物

そんな状況の中で、
あらためて
顔の見える農家さんの野菜を食べる。

みんなで野菜を作って、食べる。
そんな小さな日常に幸せを
感じられるのではないか?

「食」を通じた豊かさ再生。

そんなことが可能なのかもしれない。

新潟の食発信基地「ピア万代」の
プロジェクトはそんな意味合いも含んでいる。

ピア万代専務、佐藤さんにも会える
ソーシャルプロジェクトフェア
2011春 26日に開催します!

同じカテゴリー(足跡)の記事画像
「作品」として観る
現代美術家ポートフォリオ
「本屋」という芸術
本屋というプロセス・デザイン
過去の感性を信じてあげること
「直感」を信じる
同じカテゴリー(足跡)の記事
 「作品」として観る (2018-12-17 07:51)
 「顧客」と「価値」の視点から過去を見つめなおす (2018-07-12 08:35)
 無力感とコミュニケーション (2018-03-11 06:14)
 現代美術家ポートフォリオ (2017-10-17 09:32)
 「問い」に出会うこと (2017-10-04 08:32)
 「本屋」という芸術 (2017-09-21 06:46)

Posted by ニシダタクジ at 06:28│Comments(0)足跡
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。