プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2011年03月09日

本気の大人に出会い、挑戦する

「本気の大人に出会う」

これが大学生のときに
するべき第1の宿題なのだと思う。
これがなければ何も始まらない。

適当に、ボチボチやっていこう。
そんな出会いで、人生は動かない。

「やりたいことがわからない。」

とじっとしているのではなく、
自分の価値観を見つけていくことを
始めなければならない。

そんなことを言っていても
モチベーションは上がらない。

そのモチベーションのスイッチを入れる。

1つは
「本気の大人に出会う」ことだ。

いや。
本当は同世代の大学生で
本気でがんばってるやつに出会うこと。

そんな「出会い」をまずつかむところから始めてみる。
そして、そこで心が動いたら、小さな挑戦をする。

そうやって
だんだんと価値観を形作り、
自分のプロジェクトを作っていく。

できればそのプロジェクトを
2年生のお正月あたりに
定まっているといいと思う。

遅くとも3年生の夏までに
1つのプロジェクトを終えている。
それから就活になだれ込んでみる。

1つのプロジェクトに打ち込んで、
たくさんの人と出会い、語る経験。
プロジェクトの達成のために力を注ぐ経験。
挫折経験とそこから這い上がる経験。

それが社会に出るための
登竜門なのかもしれない。

僕たちが用意する
春休みインターンシップの舞台も
そのような位置づけで
取り組んでもらえるとすごくいい。

大学1年生を強く求む。

同じカテゴリー(就職)の記事画像
「早く進路を決めろ」という呪縛
「機能」としてでなく、「人間」として就職する。
企業も、乗り物
就活を再定義する
僕が小さな会社でのインターンシップをおススメする理由
余白おじさん
同じカテゴリー(就職)の記事
 「早く進路を決めろ」という呪縛 (2018-04-04 06:58)
 「機能」としてでなく、「人間」として就職する。 (2018-03-10 07:33)
 企業も、乗り物 (2017-10-03 08:15)
 就活を再定義する (2017-09-29 08:08)
 自分を構造的に見つめなおす (2017-09-14 07:42)
 「顧客に出会う」夏休み (2017-08-09 08:30)

Posted by ニシダタクジ at 07:46│Comments(0)就職
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。