プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 37人
オーナーへメッセージ

2011年07月24日

八百屋の可能性

沼垂にある小さな八百屋
「沼垂やさい村・よりどころ」が
この夏行う、大学生向けのプログラムについて協議しました。

現在「行商プロジェクト」が進行中。
地域を回り、野菜の配達や御用聞きを行う。

「食材が欲しいわけではない。」
と言う。
配達してくれる大学生と話がしたい。
話を聞いてもらいたい。

そういうニーズが潜んでいる。

大手業者はそれを考慮せず、
「買い物難民解消」と「安否確認」
に集約する。

いや。
集約しないとビジネスにならないのだ。

ひとりひとりのお宅を訪問して、
野菜やお弁当を届ける。
もし、それを、小学生がやったら。

買い物のニーズを受けて、
小学生のおつかい体験に変えていったら。

など。
八百屋の持つ可能性を考えさせられた。

八百屋が地域拠点となり、
いろんな世代を有機的につないでいく。

そんな絵を描くことが可能なのかもしれない。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「越境」して「異文化」と出会う
風とゆききし、雲からエネルギーをとれ
消滅可能性都市⇒コモンズ再生可能性都市
「存在」と「学び」の出発点としての被贈与
「自分」という共有財産
「やらされ感」の正体
同じカテゴリー(日記)の記事
 「越境」して「異文化」と出会う (2021-03-01 08:09)
 「自分らしさ」は、原因ではなく結果 (2021-02-22 06:53)
 風とゆききし、雲からエネルギーをとれ (2021-02-21 06:46)
 消滅可能性都市⇒コモンズ再生可能性都市 (2021-02-15 08:25)
 「学びの手段化」からの解放 (2021-02-10 08:26)
 「過程」としての学びと「手段」としての学び (2021-02-09 08:34)

Posted by ニシダタクジ at 07:48│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。