プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2011年08月12日

支援すること

支援する、というのは、

どうやったら彼らが支援するほうに

回れるかの環境整備である。

そこには

「生きる」とは何か?

という問いかけへのひとつの答えがある。

同じカテゴリー()の記事画像
「伴奏型支援」
「自己開示する」と「自己開示させられる」のあいだ
場をつくることは、未来を分からなくする方法
雪国の誇りをコンテナ輸送する
なぜ本屋なのか?
人間も一本の織り糸に過ぎない
同じカテゴリー()の記事
 「伴奏型支援」 (2019-02-09 06:39)
 「自己開示する」と「自己開示させられる」のあいだ (2019-02-04 08:39)
 場をつくることは、未来を分からなくする方法 (2019-01-22 07:56)
 雪国の誇りをコンテナ輸送する (2018-10-19 06:46)
 なぜ本屋なのか? (2018-10-07 09:35)
 人間も一本の織り糸に過ぎない (2018-10-04 10:29)

Posted by ニシダタクジ at 06:34│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。