プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2011年08月27日

人生を変えるウォークラリー

人生の岐路に立つあなた。

新潟駅から電車にのり、25分。
内野駅に降り立つ。

目の前に立つ本屋さんで、
なにやら宝の地図のようなものを
ゲットする。

冒険の始まりだ。

地図には商店の紹介らしき文と
ワークシートがついている。

まずはやしち酒店。
モダンなつくりの酒屋さん。
ここの社長に話しかける。

すると、
奥から箱を取り出してくる。

パカッと
婚約指輪の箱を髣髴とさせる動きで
開いた箱には、紙が入っている。

「Q.あなたの人生で一番輝いていた瞬間はいつですか?」

ぬおおお。
いきなり、熱い質問だ。

ワークシートに質問とその回答を書いていく。
ついでに社長にも、その質問をしてみる。

若い頃、バリバリやって、
四つ角に店を構えるまでのストーリーに
心を躍らせる。

次に向かったのは、銭湯「旭湯」。

ここはまずお風呂に入ってからだ。
昭和の香りただよう、ザ・銭湯で
ゆっくりとする。

常連さんらしきおじいちゃんと
会話を交わす。

そして番台でひとこと。
するとまた、小さな箱が出てきて、
パカッと開けられる。

「苦しいときにあなたを支えてくれた音楽、本、映画、芸術を教えてください」

おおお。
そうか。
テーマソングか。

受験のときのZARD「負けないで」かな。
あれは結構力になった。

そういえば、番台のばあちゃんの
思い出の曲っていったいなんだろうな?

やっぱり演歌?
北国の春?
さすが、遠藤実は内野出身だなあ。

とまあ、こんな感じで
街を歩きながら、問かけをする
ウォークラリーを行うのだ。

人生についても問いかけられると共に
内野の人たちの人生を知ることができる。

これでみんなが内野と自分の人生を好きになる。

せっかくツルハシブックスにきているのだから
もっと内野の街で楽しめたらいいなあ。

~~~

ここまでの話は全てフィクションです。

これから
人生を変えるウォークラリーを作成するかもです。

9月が作成の山場です。
やりたい人求む。

同じカテゴリー(アイデア)の記事画像
地域×リベラルアーツな本屋
コミュニティ難民向け本屋さん
もうひとつのCSA
「心を開く」をデザインする
いま感性が反応していることが最先端だとしたら
いまなぜ、「ワークショップ」か
同じカテゴリー(アイデア)の記事
 19歳のための本屋 (2018-06-01 10:03)
 「かえるライブラリー」はじめます (2018-05-19 07:32)
 WHYから始まる学習塾 (2018-03-04 11:29)
 ハックツの「手紙」ブランディング (2017-09-28 08:04)
 KJ法の意味 (2017-08-31 07:56)
 「ワークショップ」 (2017-08-29 08:26)

Posted by ニシダタクジ at 06:14│Comments(0)アイデア
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。