プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年12月27日

表現する機会を得る

総おどり祭事務局の鈴木さんが言っていた。
「今の子は表現することを押さえ込まれているから」

表現する機会に恵まれていない。
歌を歌ったり、絵を描いたり、演劇をしたり。

踊りもひとつの表現活動なのだ。
それを小学校に行って指導をすることもしているが
踊れない子どもも多い。
踊れないのは、技術や体力がないからではなく、
表現することに慣れていないのだという。

表現する機会を大切にしていくこと。

昨日の続きになるかもしれないが、
商売体験、特に小売の体験というのは
総合的な表現活動の場であると思う。

商品の魅力や自分の魅力をどう伝えていくか、
そしていかにお客さんに喜んでもらうか
が商売の基本。

カッコイイ生き方をしている人。
カッコイイ働き方をしている人。

それは人生や仕事そのものが
その人の表現活動になっている人のことではないだろうか。

ガンジーは言った。
「私の人生そのものが、私からのメッセージだ」

同じカテゴリー()の記事画像
「計画できない」という前提で、直感と好奇心で動き続ける
「屋台」のある街
ありえたかもしれない、もうひとつの近代
「ただいま」って言える場所
「伴奏型支援」
「自己開示する」と「自己開示させられる」のあいだ
同じカテゴリー()の記事
 「計画できない」という前提で、直感と好奇心で動き続ける (2019-07-24 09:39)
 「屋台」のある街 (2019-05-19 08:19)
 ありえたかもしれない、もうひとつの近代 (2019-04-18 09:45)
 「ただいま」って言える場所 (2019-02-22 07:22)
 「伴奏型支援」 (2019-02-09 06:39)
 「自己開示する」と「自己開示させられる」のあいだ (2019-02-04 08:39)

Posted by ニシダタクジ at 06:19│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。