プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2008年12月29日

見た目が9割

見た目が9割って本があるけど、
読んだことはない。

でも。
ほかの本でこんなことを読んだ。
「本当に誠実かどうかが大切なのではなく、
ほかの人から誠実な人だと思われていることが大切だ。」

要するに
「誠実な人を演じろ」ということ。
なんか。
嘘つきになれって言っているみたいで好きになれないかもしれない。

しかし。

本当に誠実かどうかよりも、
誠実だと思われていることのほうが大切だ。
「本当に誠実かどうか」なんて、
長い期間をかけなければわからないのだから。

では。
「誠実な人」だと思われるにはどうしたらいいか?
その「見た目」を徹底して実践していくこと。
そうすると、いつのまにか、本当に誠実な人になっている。

なりたい自分像を演じていく。
どう演じたら、そうなるだろうか徹底して考え、実践する。
そうすると、いつのまにか、なりたい自分になっている。

同じカテゴリー(就職)の記事画像
コナトゥスを意識する
「就活」と「手紙」
コードネーム「耳をすませば」
「早く進路を決めろ」という呪縛
「機能」としてでなく、「人間」として就職する。
企業も、乗り物
同じカテゴリー(就職)の記事
 コナトゥスを意識する (2019-03-14 16:46)
 「就活」と「手紙」 (2019-01-14 08:21)
 コードネーム「耳をすませば」 (2019-01-13 09:08)
 「就活」というフレームワーク (2018-12-19 07:03)
 「有用かどうか?」という思考の罠 (2018-10-07 11:02)
 「早く進路を決めろ」という呪縛 (2018-04-04 06:58)

Posted by ニシダタクジ at 07:32│Comments(0)就職
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。