プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2011年10月20日

屋号と肩書きを持つ

屋号と肩書きを持つ。

これが自分を振り返るときに
すごく必要なのかもしれない。

自分が個人としては
何屋さんで、どんなミッションを帯びているのか?
それが「屋号」と「肩書き」だから。

屋号はシンプルなほうがいい。
肩書きも分かりやすいほうがいい。

現在、僕の肩書きは
モチベーションプロデューサーなんだけど、
たぶんヒーローズファームやツルハシブックスとしての
肩書きはそれでいいのだろうと思う。

では、いったん素のニシダタクジになったとき。
僕の肩書きと屋号はどうなるんだろうか。

肩書きはたぶんこれだ。
「人生の大道具小道具係長」

屋号はどうしようかな。
何屋さんにしようかな。

そんなことを考えるひとりワークショップ、
面白いかもしれませんね。

11月からいろんな講座、始まります。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
大学生と「価値」を生むために
「ふるさと」をつくるという問い
「価値」を問う夏休み
「学びの当事者になる」「学びは完結しない」という感覚
人間はもっと柔らかい
「価値とは何か?」を問うこと
同じカテゴリー(日記)の記事
 大学生と「価値」を生むために (2019-07-07 06:39)
 「ふるさと」をつくるという問い (2019-06-19 10:07)
 「価値」を問う夏休み (2019-06-12 07:39)
 「学びの当事者になる」「学びは完結しない」という感覚 (2019-06-05 07:31)
 人間はもっと柔らかい (2019-06-02 07:52)
 「価値とは何か?」を問うこと (2019-05-22 09:47)

Posted by ニシダタクジ at 05:00│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。