プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ

2011年10月29日

まちづくりdrinks in七尾

石川県七尾市。
金沢から60km離れたこの地に、
素敵な空間があることを知った。

まちづくりdrinks第3回。
テーマは「こどもとまちづくり」

保育士の先生を招いての
保育園の現状を聞く。

コミュニケーション。
現代社会において、いかに
コミュニケーションが減っているか、が明らかになった。

という真面目な話。
だが。
みんなすでに飲んでいる。

ビール持参。
地元の名店の焼き鳥と串かつ、コロッケ。

これがすでにトークの前に始まっている。
ほろ酔いで聞く熱いトークが素敵だ。

終わったあとには、なんと生ライブ。
まちづくりdrinks in七尾

こういうときに
クラシックはいいね。

アヴェ・マリアとかアメージンググレイスとか。
走馬灯のように人生が駆け抜ける
曲がつづき、僕も泣きそうになりました。

やっぱりクラシックをああいう空間で聞けるって素晴らしい。
人生に感謝できるよ。

今回、まちづくりdrinksに出て、
確信したのは、

主催者の意志と姿勢が、会場の空気を支配する、
ということ。

河田さんの「うちの実家」のときにも思ったけど、
河田さんあってのあの空間なのだなあと思った。

今回も森山さんの
意志とゆるい雰囲気が素敵な空間を作り上げていました。

僕が創りたいのは、どんな空間なのだろう。

ゆるく、ときに、熱く。
熱くなくてもいられる場所。

帰ったらスタッフと一緒に考えよう。
「どんな空間を創りたいのか?」

同じカテゴリー(イベント)の記事画像
「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する
「一回性」と「シェア」と「神話」
学びの主体を「個人」から「場」へ移行する
場のチカラと場の豊かさ
「誇り」がはじまる場所
信は力なり
同じカテゴリー(イベント)の記事
 「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する (2020-11-25 08:17)
 「一回性」と「シェア」と「神話」 (2020-11-24 07:57)
 学びの主体を「個人」から「場」へ移行する (2020-09-26 08:48)
 やりがいは何か?という愚問 (2020-09-07 06:24)
 場のチカラと場の豊かさ (2020-08-30 08:41)
 「誇り」がはじまる場所 (2020-08-11 07:37)

Posted by ニシダタクジ at 04:37│Comments(0)イベント
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。