プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2011年12月07日

「福島・新潟」地産地消

「地産地消」という
言葉があまり好きではなかった。

なんか、しなければならない、
というように聞こえるから。

ある人に聞いた。
人はいま、損得で動くと
しかし本当は二宮尊徳のように
「尊徳」で動くことが幸せへの第一歩
なんだと。

尊敬するということ。
徳を積むということ。

人類が歩んできた歴史の時の長さを感じさせる。

損得っていうのは一瞬。
その場が損か得か。
そんな世の中になってしまったのかもしれない。

だから、地産地消というスローガンがあっても、
そこに尊徳がないから、
道徳的に訴えてもだれも動かない。

必要なのは
「尊」ではないだろうか。
そしてその尊=リスペクトは
「好き」から始まっていくと僕は思っている。

「福島を応援する」のではないのではないだろうか、と思う。

もし、福島と新潟が同じ県だったら。
福島の物産を新潟で買うという行為は
地産地消プロジェクトだ。
いや、日本という規模で見たらメイドインジャパン
を買う行為は地産地消だ。

でも、道徳でそれをやろうとする人は、そんなには
いないのではないか。

だから、僕たちはニイダヤ水産をピンポイントで応援したいと思う。
素材広場の横田さんの理念に共感したから。
温泉旅館の人たちがニイダヤの復活を待っているから。
何より、ニイダヤ水産社長の賀沢さんの人柄がステキだったから。

だから。

ニイダヤを応援している。
道徳ではない、個人的な「好き」が積もった結果だ。

「地産地消」というのは、
もしかしたらそこから始まるのかもしれない。

いや、「好き」から始まることで、
継続する取り組みが可能になるのではないか。

8日19:00、県庁前ととやにて、
震災前に獲れた相馬産ツブ貝を使った
ツブ貝料理の写真撮影会やります。
まず「好き」から始めよう。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
学校を変えるのではなく、演じるためのもうひとつの場をつくる
場のチカラと場の豊かさ
見つけ合う「場」をつくる
問いを研いで磨く
「学び」の逆シフト
「まなび」の「よはく」
同じカテゴリー(日記)の記事
 学校を変えるのではなく、演じるためのもうひとつの場をつくる (2020-09-18 06:41)
 やりがいは何か?という愚問 (2020-09-07 06:24)
 場のチカラと場の豊かさ (2020-08-30 08:41)
 見つけ合う「場」をつくる (2020-08-25 07:25)
 問いを研いで磨く (2020-08-01 07:56)
 「学び」の逆シフト (2020-07-28 08:34)

Posted by ニシダタクジ at 05:51│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。