プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2009年02月10日

プライドを打ち砕く

大学時代、僕は嫌なヤツだった。
クラスメイトの誰よりも成績がよかった。
誰よりも本を読んでいた。
誰よりも日本農業の将来を心配していた。

いや。
そう思っていただけだった。

思い込みというのは恐ろしいもので、
一度固まってしまうと、
なかなかそれを溶かしていくのは難しい。

「クラスメイトから学ぶことなんてない。」
そう思った瞬間に、
自分の成長は確実に止まっていた。

いや。
正確に言うと、
「自分の成長」だけで世の中を生きていけるはずはないのだ。

すごい人だと、
仲間が集まってくるだろうか。
抜群の才能やスキルに集まった仲間たちで
最強のチームができるのだろうか。

世の中を制するのは情報だと言われる。
その「情報」は誰がくれるのか?

自分ひとりでテレビや新聞やインターネットから
仕入れてくるのか?

「プライドを打ち砕く。」
それが必要だ。

簡単なことだ。
「心の底から負ける」ことだ。

「コイツには負けた。」
と涙を流せるくらい圧倒的に負けることだ。

その日が
あなたにとって第2の誕生日になる。
新しい人生のスタートラインだ。

1996年7月1日が僕の第2のバースデーだ。
大学時代にそれを迎えられたことを幸運に思う。

アンテナを張り、本や雑誌を読み、
「すごい」と思った人の話はすべて聞きに行く。
日本全国どこであろうと、
僕たちには青春18きっぷがある。

大学のテストも終わる。

探しに行こう。
第2のバースデーを。

同じカテゴリー()の記事画像
「屋台」のある街
ありえたかもしれない、もうひとつの近代
「ただいま」って言える場所
「伴奏型支援」
「自己開示する」と「自己開示させられる」のあいだ
場をつくることは、未来を分からなくする方法
同じカテゴリー()の記事
 「屋台」のある街 (2019-05-19 08:19)
 ありえたかもしれない、もうひとつの近代 (2019-04-18 09:45)
 「ただいま」って言える場所 (2019-02-22 07:22)
 「伴奏型支援」 (2019-02-09 06:39)
 「自己開示する」と「自己開示させられる」のあいだ (2019-02-04 08:39)
 場をつくることは、未来を分からなくする方法 (2019-01-22 07:56)

Posted by ニシダタクジ at 07:31│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。