プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ

2012年04月26日

役割を果たす喜び

昨日。
新潟駅の地下、文信堂ココロ万代で
飛び込んできた本
「人を助けるすんごい仕組み」(西條剛央 ダイヤモンド社)
を思わず買ってしまった。

なんていうか、ツルハシブックスで注文してから
買うという方法もあったのだけど、
この連休中に読みたかったので、
買ってしまいました。

電車の中で早速ページを開くと
衝撃的な内容ですが、非常に読みやすいです。

震災から1年。
もう1年、まだ1年です。

「自分にできることはないか?」
その感情を、西條さんたちの
ふんばろう東日本支援プロジェクトがつなぎました。

役割を果たす喜び。
果たせる喜び。

こういうのが大切なんだなあと思いました。
生き甲斐、働き甲斐というのは、そういうところにあるのだろうと思います。

地域社会でもきっと、必要とされています。
誰かの役に立ちたい。
それは根源的欲求であり、
ただ、その方法がわからない。

その方法を生み出せる人。
それが、これからの時代のコーディネーターなのだろうと
思います。

そこに自分たちの役割があるのではないか、
と最近よく思います。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
facebookの告知が「顧客」に届かない理由
目標の先にあるもの
「余白」と「委ねる」と「問い」と「学び」
「思い」のチューニングから始まるキカクカイギ
ツルハシ号、出張します。
「目的」を無くす、ズラす「場」の魅力
同じカテゴリー(日記)の記事
 facebookの告知が「顧客」に届かない理由 (2017-12-13 08:17)
 目標の先にあるもの (2017-12-12 07:58)
 「余白」と「委ねる」と「問い」と「学び」 (2017-11-28 09:09)
 「思い」のチューニングから始まるキカクカイギ (2017-11-27 08:23)
 ドラクエ3のように地図が広がっていく (2017-11-18 07:48)
 「手段が目的化」する危険 (2017-11-10 07:10)

Posted by ニシダタクジ at 06:29│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。