プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2012年05月08日

日本が変わった日、それは10月27日

名言セラピー幕末スペシャル。

これ、面白いですね。
そしてどこまでも熱いです。

坂本龍馬、高杉晋作、福沢諭吉ら幕末~明治の
カッコイイ人生が詰まっています。

日本が変わった日。
それは10月27日。
吉田松陰が小伝馬町で処刑された日。

あの日。
松陰先生が詠んだ辞世の句。

身はたとひ
武蔵の野辺に
朽ちぬとも
留めおかまし
大和魂

自分はここでくたばっても、
日本を大切に思う心をここに置いていく。
きっと誰かが後を継いでくれるだろう。

これですね。
留めおかまし、大和魂。

僕は東京に滞在するとき、
朝、時間があるときには
小伝馬町の十思公園に行き、
この歌の石碑を見るのです。

そうそう。

留めおかまし。
大和魂。

10月27日。
また、松陰先生に会いに行こうと思いました。

同じカテゴリー()の記事画像
「エンゲージメント」する
「多様性」と「編集」と「対話」と「価値観」と「アート」
二元論という禁断の実
伽藍を捨ててバザールに向かえ
後期近代と「何者~ナニモノ」問題
僕たちはダーウィンを誤解している
同じカテゴリー()の記事
 「エンゲージメント」する (2020-01-03 06:52)
 「多様性」と「編集」と「対話」と「価値観」と「アート」 (2020-01-02 06:54)
 二元論という禁断の実 (2019-11-25 08:47)
 伽藍を捨ててバザールに向かえ (2019-11-01 09:12)
 後期近代と「何者~ナニモノ」問題 (2019-08-24 06:22)
 僕たちはダーウィンを誤解している (2019-08-23 08:28)

Posted by ニシダタクジ at 08:09│Comments(0)
この記事へのトラックバック
新潟市北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
ケノーベルからリンクのご案内(2012/05/09 09:28)【ケノーベル エージェント】at 2012年05月09日 09:28
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。