プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2012年09月16日

ないよりはあったほうが少しだけいい

夢がある。
目標がある。
なりたい職業がある。

これを過大に評価しすぎだと思う。

夢がある友達はいいなあって思う。
夢がない自分はダメだなあって思う。

その差は
あまりにも大きいように感じる。
天と地の隔たりを感じる。
ここを、何とかしなきゃいかないのではないか。

大げさに言うと、
「夢がない自分は人にあらず」
それくらい、追い詰められている。

たいしたことない。
夢がなくても生きていける。
夢はないよりもあったほうが少しだけ楽しい、
そんくらいだ。

大人たちに、
「将来何になりたいんだ?」と聞かれたら、

「あなたは何になりたいですか?」
「あなたの目標はなんですか?」
「あなたの生涯を賭けて成し遂げたい夢はなんですか?」

と聞き返すことだ。
それが、20代の宿題、いや人生の宿題なのだ。きっと。

その宿題を解いている同志、それが中学生だろう。

同志に掛ける言葉はいったいなんだろうか?

高橋歩さんの言葉を、僕は贈ります。

~夢があろうとなかろうと、楽しく生きてる奴が最強~
                             高橋歩

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「やりたいことがわからない」と「自分に自信がない」
「アイデンティティ」と「劇場」と「ふるさと」
場の魅力と目的多様性
「前提」を疑うこと
「成長」とか「挑戦」ではなく
他者評価の檻の中に入る前に
同じカテゴリー(日記)の記事
 「やりたいことがわからない」と「自分に自信がない」 (2018-05-31 08:32)
 「アイデンティティ」と「劇場」と「ふるさと」 (2018-05-30 08:28)
 場の魅力と目的多様性 (2018-05-21 08:32)
 「前提」を疑うこと (2018-05-11 07:57)
 「成長」とか「挑戦」ではなく (2018-05-03 07:49)
 「評価」と「承認」のあいだ (2018-04-17 07:52)

Posted by ニシダタクジ at 05:53│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。