プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2012年10月22日

日本横断!ニイダヤ水産を応援します。

ニイダヤ水産が営業再開して2か月。
先週末の14日には大学生も駆け付けて、
イベントに参加。

さかのぼること
1年2か月。

2011年8月12日に、
初めていわきを訪問した新潟の大学生が
「ニイダヤ水産復活プロジェクト」を開始。

真空パックを作るための真空機を
買うための資金を集めるチャリティー企画です。

8か月かかって、
支援金を集め、2012年4月に
会津若松のNPO法人素材広場、横田さんに届けました。
日本横断!ニイダヤ水産を応援します。

そして、今年8月11日に
ニイダヤ水産復活の試食会に参加。
日本横断!ニイダヤ水産を応援します。

ニュース映像はコチラ。
http://www.youtube.com/watch?v=dOQuLfWbHD8

そして、9月には
東京・新潟・福島の大学生9名が
素材広場のインターン生として、
ニイダヤ水産の干物の販路開拓に取り組む。

粟島にも一緒に行き、
粟島といわきをつなぐプロジェクトも始動しました。

先週金曜日。
そのインターンシップの振り返りを
事務所で行いました。

東京から小野さん
福島から石塚さんも駆け付けてくれて
振り返りを行いました。

今後も、新潟でも、ニイダヤ水産を盛り上げていきたいと考えています。
同時に粟島の魚加工業の仕事づくりも応援したいと思います。

まずはツルハシブックスを営業拠点に
新潟の販路開拓に取り組みます。
来月には粟島の魚の試食会も計画中です。

つきましては、ニイダヤの、そして粟島の干物を
保管する業務用冷凍庫が必要です。

皆様からのご支援をお待ちしています。
期限はあと1週間です。

https://faavo.jp/niigata/project/11

参加は1000円から。
5000円ですと干物とニイダヤ社長の顔入りオリジナルTシャツが送られてきます。
応援よろしくお願いします!!

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する
「一回性」と「シェア」と「神話」
「場」に委ね、「学び」を待つ
「学び続ける」から「まなびはつづく」へ
何のための教育魅力化か?
「存在」は創造のエッジにある
同じカテゴリー(日記)の記事
 「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する (2020-11-25 08:17)
 「一回性」と「シェア」と「神話」 (2020-11-24 07:57)
 探究的に遊ぶ (2020-11-21 08:19)
 「場」に委ね、「学び」を待つ (2020-11-18 07:20)
 「学び続ける」から「まなびはつづく」へ (2020-11-16 08:28)
 何のための教育魅力化か? (2020-11-14 09:48)

Posted by ニシダタクジ at 07:47│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。