プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2009年04月16日

なぜ上司は無能なのか?

「法則のトリセツ」
(水野俊哉 徳間書店)
が短時間でとっても知識が
増えそうなので買ってしまいました。

世の中にあるいろんな法則が
ダイジェストで書いてあります。

いきなり恐ろしいことが書いてあります。

「ピーターの必然」

Aさんはある大企業の課長です。
部下からは
「課長が無能だから」と陰口を叩かれています。

Aさんは最初は出世コースを歩んできました。
同期の誰よりも早く係長に昇進。
それからあっという間に課長に昇進しました。

同期の中でも能力はあったほうなはずです。
ところが。
課長止まりでした。
この課長の能力はどうだったのでしょうか。

もし本当に能力があれば、
課長から部長、部長から取締役へと
出世したはずです。

役職によってどんどん仕事は変わります。
プレイヤーから管理職へ。
さらなる高度な管理職へと移行していきます。

それをすべてこなしていく人が
出世の階段を登っていくのです。

したがって、
この法則に当てはめると、
すべてのポストにいる人は
無能化していくことになります。

有能であれば、役職は上がる。
それ以上に上がらなくなるということは、
その仕事において無能だからだ。
したがってすべてのポストにいる上司は無能である。

すごいです。
法則。
先人たちっておもしろい。

同じカテゴリー()の記事画像
「エンゲージメント」する
「多様性」と「編集」と「対話」と「価値観」と「アート」
二元論という禁断の実
伽藍を捨ててバザールに向かえ
後期近代と「何者~ナニモノ」問題
僕たちはダーウィンを誤解している
同じカテゴリー()の記事
 「エンゲージメント」する (2020-01-03 06:52)
 「多様性」と「編集」と「対話」と「価値観」と「アート」 (2020-01-02 06:54)
 二元論という禁断の実 (2019-11-25 08:47)
 伽藍を捨ててバザールに向かえ (2019-11-01 09:12)
 後期近代と「何者~ナニモノ」問題 (2019-08-24 06:22)
 僕たちはダーウィンを誤解している (2019-08-23 08:28)

Posted by ニシダタクジ at 06:39│Comments(0)
この記事へのトラックバック
ひとつの節目を迎えた感のあった 「ベストセラービジネス書がすらすら書けるセミナー」@完成編 についてのお知らせです。 すでにご連絡差し上げた方もおりますが、大阪編の日にちが...
全国ツアー詳細【水野俊哉の日記】at 2009年04月28日 14:27
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。