プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2009年04月18日

夢なんかいらない

「コンセプトライフ」(柴田陽子 サンクチュアリ出版)
にはステキなメッセージがいっぱい詰まっている。

「20代のうちに出会えたよかった!」
と思える本です。
絶対に買って読んでくださいね。

印象に残っている言葉。

柴田さんが取材を受けた。
「夢をかなえる3カ条」とは?

柴田さんは答えた。
「夢を持たない」
「夢に振り回されない」
「夢を探さない」

夢なんかいらない。
夢なくたって、毎日楽しく生きている人のほうが
よっぽどかっこいいと思うもの。

わたしにとって大事なのは
「いまよりももう少し良くなりたい。」って思い続けること
「これだけは絶対にゆずれない」というものを持ち続けること

そのふたつがあって人生は良い方向に
転がっていく。

なるほど。
川下り型キャリア形成の
ポイントがここにあるのかも。

本当は、「夢なんかいらない」のかも

同じカテゴリー()の記事画像
「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」
ウチに天才はいない。だがウチが最強だ。
ベクトルとして存在を許されるカフェという場
なぜ、若者は「地域」を目指すのか?
「好き」をベースに差異を理解し、チームのWHYをチューニングする。
二元論ではなく内包する
同じカテゴリー()の記事
 それは「本屋」かもしれない (2020-11-04 07:20)
 「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」 (2020-10-25 07:57)
 ウチに天才はいない。だがウチが最強だ。 (2020-10-17 09:56)
 ベクトルとして存在を許されるカフェという場 (2020-10-15 06:21)
 なぜ、若者は「地域」を目指すのか? (2020-10-07 07:41)
 「好き」をベースに差異を理解し、チームのWHYをチューニングする。 (2020-10-04 08:27)

Posted by ニシダタクジ at 07:01│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。