プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ

2009年04月25日

First Step

1998年1月
大学4年生の冬。
僕はひとつの市民団体をスタートさせた。

First Step
環境問題や農業、教育など、
様々な問題に対して、
いま、自分たちは何をアクションするか?

その「第一歩」をどう踏み出すか?

それを毎月のミーティングで確認する会。
社会人が中心だった。
会報誌を発行し、いろんな人に執筆してもらった。
年会費をいただき、定期購読も受け付けた。

1999年まきどき村が始まり、
会報発行のペースが落ちてきた。
そして、いつの間にか消滅してしまった。

会費を払っていただいた皆様には
たいへん申し訳ないことをした。

今日。
掃除をしていたら、
解約したFirst Stepの通帳と
14039円の入った封筒が出てきた。
First Step
1000円札が夏目漱石ですよ。
時間の経過を感じます。

会員だった皆様。
14039円はヒーローズファームに
寄付させて頂きます。

その意志は私たちがつないでいきます。

若者たちの第1歩を応援していく、
そんな地域社会を創ります。

同じカテゴリー(足跡)の記事画像
「作品」として観る
現代美術家ポートフォリオ
「本屋」という芸術
本屋というプロセス・デザイン
過去の感性を信じてあげること
「直感」を信じる
同じカテゴリー(足跡)の記事
 「作品」として観る (2018-12-17 07:51)
 「顧客」と「価値」の視点から過去を見つめなおす (2018-07-12 08:35)
 無力感とコミュニケーション (2018-03-11 06:14)
 現代美術家ポートフォリオ (2017-10-17 09:32)
 「問い」に出会うこと (2017-10-04 08:32)
 「本屋」という芸術 (2017-09-21 06:46)

Posted by ニシダタクジ at 08:44│Comments(0)足跡
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。