プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2012年12月30日

売れるとは、好きが連鎖すること

売れるとは、好きが連鎖すること

川上徹也さんの「魔法のマーケティング」を読んで気づいたこと。
ビジネスとは、「好き」のリレーだっていうこと。

僕を本屋さんに導いた3人の本屋さん。
それはサンクチュアリ出版の地方営業時に出会った3人。

1人目:長野県飯山市のH書店のM店長

M店長は「本」が好きだった。
「この本、いい!」って思った本を
とてもキレイにディスプレイしてコーナーを作り、
1000冊以上売る店長だった。
人口わずか2万8千人のまちでの出来事だ。

僕はこのお店で「いま、会いにゆきます」を買い、
新幹線の中(高崎駅付近)で読みながら泣きました。。

2人目:福島県郡山市のV書店のM店長

M店長は「創る」が好きだった。
郡山にカフェを創るため、
読んだ人がカフェを開きますように、
と祈りを込めてカフェコーナーを作った。

その半年後、郡山に2軒のカフェができていた。

3人目:新潟県新潟市のT書店のY店長

「不思議なことが起こる」
ずっとなぜだかわからなかった。
Y店長が異動するたびに、
そこでサンクチュアリの本が売れていく。

それだけじゃない。
異動する前の店舗では、まったく動かなくなる(売れなくなる)のだ。
同じ本が同じようにディスプレイしてあるのに、Y店長がいなくなった
瞬間に売れなくなる。どうしてだ?

3年くらいたって、謎が解けた。

Y店長は「本を並べること」が好きだった。
色合いとか全体バランスを考えるのが楽しくて仕方なかった。
それか!

「売れる」とは、「好き」の連鎖がお客さんに届くこと。

川上徹也さんに2012年最高の気づきをいただきました。ありがとうございます。

同じカテゴリー()の記事画像
アイデンティティを保つ方法
「歴史」と「哲学」を身体化すること
ありえたかもしれない、もうひとつの近代
実験しないと分からない
船の行き先を知っているということ
「運命の人」という勘違い
同じカテゴリー()の記事
 アイデンティティを保つ方法 (2019-05-03 07:36)
 「歴史」と「哲学」を身体化すること (2019-05-01 06:49)
 ありえたかもしれない、もうひとつの近代 (2019-04-18 09:45)
 実験しないと分からない (2019-04-14 05:31)
 船の行き先を知っているということ (2019-04-11 18:44)
 「運命の人」という勘違い (2019-04-10 12:46)

Posted by ニシダタクジ at 07:36│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。