プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2013年03月28日

貢献できるコミュニティがあるという幸せ

貢献できるコミュニティをいくつ持っているか。
そしてそれがどのくらい深いものなのか。

それによって、
個人のアイデンティティは形成されてくる。

「アイデンティティ・クライシス(自分らしさ危機)」の時代。

その最大要因は「分断」である。
「分断」の最大要因は「経済合理性」である。

「分断」により、
人々は地域社会をはじめとする
貢献すべきコミュニティを失った。

個人の時代だと言われ、
「会社に貢献する」よりも個人のキャリア形成に
重きを置いた方がいいような気がしている。

そして、若者は、いや全世代が、
アイデンティティを失いつつある。

会社に勤めあげて定年した後に、
「貢献すべきコミュニティ」を持っていないお年寄りたち。

彼らの出番を、貢献を、
どのようにデザインしていけるのだろうか?

彼らをサービスの受け手ではなく、担い手にしていくこと。

それは、もしかしたら、
地域社会に「なにもできない」大学生や若者が
飛び込んで行って、
「おまえ、なにも知らないんだな、教えてやろうか」
というお年寄りを増やしていくことが最良の手段なのかもしれない。

ひとりひとりのアイデンティティを再形成するために、
「役割」が必要で、
そのためには、貢献したいと思える関係性やコミュニティ
を再構築しなければならない。

その一部を「大学生の地域社会におけるインターンシップ」
という手法でやろうというのがこの1年のテーマになるのかもしれない。

貢献できるコミュニティがあるという幸せを
たくさんの人へ届けるデザイン。

少しずつやっていこう。

同じカテゴリー(思い)の記事画像
「ふるさと」を創出する方法
「勘違いする人」を増やすには?
ともに学ぼう
違和感から問いへ。問いから仮説へ。仮説と志のあいだ。
瓶の中に紙切れを入れ、封をして海に流すことだけ
ローカル・リベラルアーツ・ラボラトリー
同じカテゴリー(思い)の記事
 「ふるさと」を創出する方法 (2018-05-18 08:21)
 「勘違いする人」を増やすには? (2018-05-10 12:12)
 ともに学ぼう (2018-04-01 07:49)
 違和感から問いへ。問いから仮説へ。仮説と志のあいだ。 (2018-02-23 08:21)
 「向き合わない」で「パラレル」につくる (2018-02-09 08:33)
 瓶の中に紙切れを入れ、封をして海に流すことだけ (2017-12-11 08:33)

Posted by ニシダタクジ at 06:30│Comments(0)思い
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。