プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2013年03月31日

キャリアドリフト本屋

「キャリアドリフト」本屋さん。
きっと、そんな本屋さんが求められているのだろう。

スタンフォード大学のクランボルツ博士は、
人のキャリアを形成している要素のうち8割は
「予期しない出来事」や「偶然の出会い」
によって決まってくる。

そして、博士は言います。
「偶然を計画せよ」と。

そのために必要な5つの姿勢がコチラ

「好奇心」 ―― たえず新しい学習の機会を模索し続けること
「持続性」 ―― 失敗に屈せず、努力し続けること
「楽観性」 ―― 新しい機会は必ず実現する、可能になるとポジティブに考えること
「柔軟性」 ―― こだわりを捨て、信念、概念、態度、行動を変えること
「冒険心」 ―― 結果が不確実でも、リスクを取って行動を起こすこと

きっとこういうことが得られる本だったり
出会いがあるような場所、
「好奇心」や「柔軟性」を与えてくれるような空間。
そういう本屋さんが必要なのだと思う。

昨日は初対面だらけの人たちが集まって、
ステキな女子会が開催されていました。

「奇跡が起こる本屋」とは、
「キャリア・ドリフトが起こる本屋さん」
なのだなあと、楽しく語る4人を見ていて思いました。

さあ。
今日も予期せぬ出来事を計画しよう。

The best way to predict the future is to invent it!
未来を予測する最良の方法はそれを発明することだ

同じカテゴリー(日記)の記事画像
大学生と「価値」を生むために
「ふるさと」をつくるという問い
「価値」を問う夏休み
「学びの当事者になる」「学びは完結しない」という感覚
人間はもっと柔らかい
「価値とは何か?」を問うこと
同じカテゴリー(日記)の記事
 大学生と「価値」を生むために (2019-07-07 06:39)
 「ふるさと」をつくるという問い (2019-06-19 10:07)
 「価値」を問う夏休み (2019-06-12 07:39)
 「学びの当事者になる」「学びは完結しない」という感覚 (2019-06-05 07:31)
 人間はもっと柔らかい (2019-06-02 07:52)
 「価値とは何か?」を問うこと (2019-05-22 09:47)

Posted by ニシダタクジ at 05:13│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。