プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2013年04月22日

好きなことを仕事にするというミスマッチ

好きなことを仕事にしたい。
って多くの人が思っている。

でも本当に大切なのは、「いましている仕事を好きになる」っていうこと
なのかもしれない。

上田信行さんが
固定的知能感と成長的知能感のことを書いていた。

固定的知能感とは、
「知能とは、生まれつきのもので、努力しても変わらない」
成長的知能感とは
「能力は努力すれば伸びる」

これは
上の2つの考え方に通じている。

「好きなことを仕事にする」っていうのは、
自分の好きなことや能力は固定されていて、
その範囲内に仕事を持ちたい、ということにならないか。

他方
「いまやっている仕事を好きになる」っていうのは、
目の前にくる仕事を
「自分を成長されてくれるチャンスだ」と捉えて、
そこに合わせて自分を変えていくことだ。

就職へのミスマッチはもしかしたらここから来ているのではないか。

まず、打破すべきは固定的知能感。
自分は、未来は、変えていける、成長していける。

その実感から、始まっていく。

同じカテゴリー(学び)の記事画像
「ひとり」に出会うこと
「機会」としての「学び」をつくる
「計画できない」という前提で、直感と好奇心で動き続ける
「手段」としての学びから「機会」としての学びへ
人生も熱中して遊ぶべきだ
「問い」=「切り口」+「ミッション」
同じカテゴリー(学び)の記事
 「ひとり」に出会うこと (2019-08-13 08:27)
 「機会」としての「学び」をつくる (2019-08-03 08:42)
 「計画できない」という前提で、直感と好奇心で動き続ける (2019-07-24 09:39)
 「手段」としての学びから「機会」としての学びへ (2019-07-06 09:04)
 人生も熱中して遊ぶべきだ (2019-07-03 14:52)
 「問い」=「切り口」+「ミッション」 (2019-06-21 08:08)

Posted by ニシダタクジ at 05:10│Comments(0)学び
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。