プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2013年05月22日

ソーシャルデザインの時代

「今はこうして、毎週通える場所があることがうれしいです。」
浦和にあるBABA・ラボの登録第1号スタッフ、山下さん(73歳)は言った。
(「日本をソーシャルデザインする」グリーンズ 朝日出版社 

おばあちゃんに、役割を
というテーマで立ち上がった、おばあちゃんが
抱っこふとんや靴下、買い物バッグなど
子育ての経験を活かしたグッズをつくる工房だ。

おばあちゃんたちに生きがいを。
と思って活動を始めたのだが、
スタッフを募集すると、意外にも20代30代のママが集まる。

ひとりで育児を抱えるのではなく、
ここで働きながら、時間を過ごしながら、
子育ての大先輩に話を聞ける。

ママに連れられて子どもも来るので、
工房はとても活気づきます。

そうそう。
こうやって都会でも、できるんだよね。

新潟でもきっといろいろできるはずです。
ソーシャルデザインの時代。

ひとりひとりの個人がいきいきと生きられる地域社会。
それは若者のチカラによって可能になるはずです。
そしてそれが若者の役割だったりもします。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
大学生と「価値」を生むために
「ふるさと」をつくるという問い
「価値」を問う夏休み
「学びの当事者になる」「学びは完結しない」という感覚
人間はもっと柔らかい
「価値とは何か?」を問うこと
同じカテゴリー(日記)の記事
 大学生と「価値」を生むために (2019-07-07 06:39)
 「ふるさと」をつくるという問い (2019-06-19 10:07)
 「価値」を問う夏休み (2019-06-12 07:39)
 「学びの当事者になる」「学びは完結しない」という感覚 (2019-06-05 07:31)
 人間はもっと柔らかい (2019-06-02 07:52)
 「価値とは何か?」を問うこと (2019-05-22 09:47)

Posted by ニシダタクジ at 06:32│Comments(0)日記
この記事へのトラックバック
新潟市北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
ケノーベルからリンクのご案内(2013/05/22 09:16)【ケノーベル エージェント】at 2013年05月22日 09:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。