プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2013年05月23日

課題共感がいつ起こるか、起こすか。

「共感する」
これがプロジェクトの出発点だ。

しかしそれには、2種類ある。

1 未来への共感(ワクワクの源泉)
2 課題に対する共感(モチベーションの源泉)

これをどのようにデザインするか、
これがコーディネーター、ファシリテーターのチカラだ。

今まで
2が先に来ないとダメだと思っていた。
1だけだと、だれも当事者を作らないで、
プロジェクトが実行されない、という場面を何度も見てきた。

しかし。
今回のにいがた未来考房は、
1と2を同時に起こそうという実験だ。

前回の15日は1に偏り過ぎたので、
今回の29日は、2と1のバランスをとって、
当事者を生んでいく。

studio-L風に行くのなら、
本来は、参加者同士のヒアリングをきちんとして、
問題意識を発掘していくことも大切なのかもしれない。

それをファシリテーターが引き出せるかどうか。
場のチカラが当事者を生んでいけるかどうか。

新しいものを創っている感覚、心地よいですね。
ファシリテーターのみなさま、よろしくお願いします。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「地域の良さを伝えていないから子どもたちは出て行ってしまう」は本当か?
「暮らし」とは、分けないこと
夢が感染する学校
「その人」は世界を変える人かもしれない
「高校魅力化」が問いかけるもの
「学びの生態系」をつくる
同じカテゴリー(日記)の記事
 「地域の良さを伝えていないから子どもたちは出て行ってしまう」は本当か? (2020-01-21 08:40)
 「暮らし」とは、分けないこと (2020-01-19 08:01)
 夢が感染する学校 (2020-01-12 08:59)
 「その人」は世界を変える人かもしれない (2020-01-11 07:17)
 「高校魅力化」が問いかけるもの (2019-12-24 08:20)
 「学びの生態系」をつくる (2019-12-22 08:32)

Posted by ニシダタクジ at 06:34│Comments(0)日記
この記事へのトラックバック
新潟市北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
ケノーベルからリンクのご案内(2013/05/23 09:16)【ケノーベル エージェント】at 2013年05月23日 09:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。