プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ

2013年06月17日

スターバックスはコーヒーを売っているのではない



こういうブランド系の本は
あんまり読まなかったのだけど、
このまえ新潟の紀伊国屋で手に取ったら
熱そうだったので、ツルハシで注文購入。

読み終わって、奥付を見たら、
サンクチュアリ出版でおなじみの
井上新八さんのデザインでした。

やっぱり本ってスゲー、
本屋って熱い空間だって思った。
新八さん、熱い仕事してるなあ。

昨日の移動中に読んでいたら、
ヒットするキーワードがたくさんあって、
これは読むべき1冊だと思いました。

書きたいことはたくさんあるのだけど、
今日はひとつだけ。

スターバックスやザ・ボディショップは、
社会貢献することそのものが会社の存在理由だと考えている。
だって、「人々の心を豊かで活力ある者にする」ためにコーヒーを売り、
「社会を変革する」ために、化粧品を売っているのですから。

熱いね、熱い。

ツルハシブックスは何のために本を売っているのか?
その問いから始まらないといけないね。

いい問いをありがとうございます。

同じカテゴリー()の記事画像
リスペクトとパートナーシップ
「共感」、「共有」、「共振」が起こる本屋
天職は、「たどりつく」もの
「ワークショップ」ってなに?
「新しい」に価値はあるのか?
発酵人であるということ
同じカテゴリー()の記事
 リスペクトとパートナーシップ (2017-10-14 08:54)
 「共感」、「共有」、「共振」が起こる本屋 (2017-10-12 08:10)
 天職は、「たどりつく」もの (2017-10-05 08:23)
 本屋ゼミ、始めます (2017-09-27 08:18)
 「ワークショップ」ってなに? (2017-08-30 07:37)
 「新しい」に価値はあるのか? (2017-08-11 08:52)

Posted by ニシダタクジ at 08:36│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。