プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2013年07月21日

本こそ「あなたから買いたい」

小阪裕司先生がいつも言っている。
「あなたから買いたい。」
と思われるにはどうしたらいいか?

森絵都さんの「カラフル」
をついに購入した。
ブックトークライブの交流会にて、
いとぽんの「カラフル」に思いを込めてプレゼンテーションを聞いた。

いまこそ。
この本を買う時だ。

そう思った。

いや。
いと本から買いたいと思った。

日付入りのサインを付けてもらって。


放浪書房さんは
旅の本を売っているのではなく、
「一期一会」を売っている、と思った。

いや。
そうじゃないな。
全ての本屋さんは一期一会を売っているんだ。

いま。
この瞬間の心の動きを、
本というカタチあるもので表現して、
何かが動く「機会」を提供している。

それが本屋さんなのだなあ。

「あなたから買いたい。」
これからの本屋はそうなっていくのではないか。

「おまえ、あの本、読んだ?」
「ああ、読んだよ、超熱かった。マジ泣いた。」
「その本、どこで買った?」
「え?ア〇ゾンで予約して買った。」

「ぷっ。お前、まだア〇ゾンなんかで買ってるのか?」
「え?どういうこと?」
「やっぱり本はアツイ本屋で買わないとダメでしょう。」
「なにそれ?」

「やっぱなんていうか、パワーが違うよね」
「パワー?」
「その本屋の気がプラスされているっていうかさあ」

「ああ、なんとなく分かる」
「本のパワーに本屋のパワーが重なると、よりパワフルになるでしょう」
「たしかにな。で、お前はどこで買ってるの?」
「それはお前、ツルハシブックスしかないでしょう。」

「内野の?」
「そうそう」
「だってあそこ遠くねえ。」
「いや。あそこまで行く価値あるよ。パワー違うもん」

「マジで?」
「お前にはまだ分かんないかもしれないけどな」
「何その上から目線(笑)」

そんな妄想をしてしまった。
夏の夜でした。

どうしても、ツルハシブックスで買いたい。
そんなお客さんを何人持てるかどうか?

その価値観を大切にしていこう。

「あなたから買いたい」
これから商売のすべてのジャンルでそれが起こっていく。

まずは
その瞬間。

「一期一会」を僕も売っていこう。

放浪書房さん、いと本さん、
アツイ衝撃をありがとうございます。

同じカテゴリー()の記事画像
「やりたいことは何か?」「何になりたいのか?」への違和感
「人」にフォーカスする本屋
創造力の翼
19歳に本という「機会」を届ける
「本を届ける」ということ
「アイデンティティ」と「劇場」と「ふるさと」
同じカテゴリー()の記事
 「やりたいことは何か?」「何になりたいのか?」への違和感 (2018-08-20 08:48)
 「人」にフォーカスする本屋 (2018-08-16 08:01)
 17歳に贈りたいマンガ (2018-08-13 08:15)
 創造力の翼 (2018-08-07 08:32)
 19歳に贈る50冊の本 (2018-07-14 14:49)
 19歳に贈る50冊 (2018-07-13 18:08)

Posted by ニシダタクジ at 07:57│Comments(0)
この記事へのトラックバック
新潟市北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
ケノーベルからリンクのご案内(2013/07/22 09:15)【ケノーベル エージェント】at 2013年07月22日 09:15
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。