プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2013年07月23日

転がっている出会い

出会いはそこらへんに転がっていて、
急に大きく動くこともあって、
そして自分はだんだんと自分になっていく。

本屋さんという空間は
そういうことが起こるのだなあって思った。

そう考えると、
僕が本屋さんにたどり着いたのは
決して偶然ではなくて、

夢を持て、目標を定めろ、という
「目標達成」型キャリア形成や
憧れの人をを見つけ、それになるために逆算して考えろ
というような「ロールモデル」型キャリア形成
への違和感というか、

その流れに乗れない子どもたち、大学生たち、20代社会人たちの
苦しさを目の前で感じていて、

それをいろいろ学んでいくと、
クランボルツ先生の「キャリア・ドリフト」に出会い、
そういうこともあるよなあと思いながら、
じゃあ、それを伝えるにはどうしたらいいのだろうと思っていたら、

いつの間にか、本屋にたどり着いた。

まさに「キャリア・ドリフト」そのものの人生なのだけど、
嶋浩一郎さんも言っているように
本屋とは、偶然と想定外の出会いにあふれていて、
まさに「キャリア・ドリフト」(計画された偶発性理論の
最前線にいるのではないかと思う。

本屋さんになろうと思ったのは
大棟耕介さんの「ホスピタルクラウン」を
大量に仕入れてしまったとき。

そのときの屋号は
「本屋には新しい人生が転がっている」

昨日。
たしかにそんな瞬間を目の当たりにしました。

確信を持って言えます。
本屋には、新しい人生が転がっているのです。

同じカテゴリー(学び)の記事画像
「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する
未来は達成するものでも、つくるものではなく、発見するもの。
「場」に委ね、「学び」を待つ
「学び続ける」から「まなびはつづく」へ
何のための教育魅力化か?
ICTってそういうことか、って。
同じカテゴリー(学び)の記事
 「効率化」以外の解決策はないのか? (2020-11-28 07:59)
 「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する (2020-11-25 08:17)
 未来は達成するものでも、つくるものではなく、発見するもの。 (2020-11-22 07:34)
 探究的に遊ぶ (2020-11-21 08:19)
 「場」に委ね、「学び」を待つ (2020-11-18 07:20)
 「学び続ける」から「まなびはつづく」へ (2020-11-16 08:28)

Posted by ニシダタクジ at 05:48│Comments(0)学び
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。