プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2013年08月12日

問題発見・解決力を商店街や田舎で鍛える

問題発見・解決力が求められている。

主体的に問題を見つけ、
それを解決するために動いていくチカラ。
まさに「試作の時代」に求められる力だ。

そのチカラを鍛える現場が、
商店街や離島・中山間地にあるのだろうと思う。

僕の中で、
その力を支えるのは3つだ。

1 アンテナ力(好奇心)
まずはアンテナを張らなければいけない。
・本や新聞、雑誌を読む
・新しい人に会う、新しい場所に行く
・SNSなどで情報収集をする

2 コミュニケーション力
事件は現場で起きているのだから、それを引き出す必要がある。
・質問する勇気
・聞き方(あいづち、うなづき等)
・インタビュー力(質問の答えにかぶせてさらに深い質問をするチカラ)

3 チャレンジ力
・まず行動するチカラ(やってみる)
・ふりかえるチカラ(これは力というより習慣かな。自己評価するチカラ。)
・失敗に対して前向きにとらえる力

この3つチカラ×3の要素を持つこと。

これが試作の時代の「問題発見・解決力」ではないかと思う。

そのフィールドとして、
商店街や離島・中山間地、いわゆる「地域」というフィールドは
すごく魅力的な場所になると思う。

これを理論化し、
座学と実習でプログラミングしていくのが、
これからやっていくべきことなのだろうと思う。

まずは試しにやってみますか。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「判断」の余白をつくる
高校生がまちに魔法をかける
アートとデザインのあいだ
あなたは何芸人なのか?
「大学での研究」というプロジェクト設計ができるか?
チーム「自分たち」に「地域」というプレイヤーを含めていく
同じカテゴリー(日記)の記事
 「判断」の余白をつくる (2019-12-09 10:20)
 高校生がまちに魔法をかける (2019-11-18 07:53)
 アートとデザインのあいだ (2019-11-16 08:28)
 あなたは何芸人なのか? (2019-11-09 07:54)
 「大学での研究」というプロジェクト設計ができるか? (2019-10-24 10:13)
 プロジェクトの解像度を上げる (2019-09-27 07:22)

Posted by ニシダタクジ at 06:11│Comments(0)日記
この記事へのトラックバック
新潟市北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
ケノーベルからリンクのご案内(2013/08/12 09:16)【ケノーベル エージェント】at 2013年08月12日 09:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。