プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2013年08月18日

美しく生きる、ということ

キャリアに悩む大学生の本質のひとつは、
もしかしたら、

キャリアをひとつに選ぶ、
つまり専業を選ぶというところへの
違和感にあるのではないか。

「ナリワイをつくる」と
「なぜゴッホは貧乏でピカソは金持ちだったのか?」
を読むと、
そんな気さえしてくる。

先の見えない時代に、
生き抜こうとするならば、
ひとつの仕事を専業にしていく生き方は
かなりリスクが高いと言わざるを得ない。
会社の寿命が30年と続かないことの方が多いからだ。

ヒット商品というものをいくら生み出しても、
それがわずか1~2年で代替品の発売により、
力を失っていくからだ。

それを前提とするならば、
「単一の職業を目標として、そこに向かって最適化していく」
つまり、
会計士なら会計士、美容師なら美容師に特化して学んでいくことは
非常にリスクが高い生き方と言わざるを得ない。

そうではなくて、
たくさんの仕事を少しずつやっていく
「ナリワイ」的な生き方を模索していく必要があるのではないか。

そして自分の「信用」(クレジット)を
高めていく必要があるのではないか。

いや。
そんな風に人々が生きられたら、
もっと素敵な地域社会が広がっているんじゃないか。
そんな気がしてくる。

大学生が、いやすべての働く大人が問われているのは、
「美しく生きる」とは何か?
という
千住博「わたしが芸術について語るなら」
に詰まっている問いなのではないか。

美しく生きる、ということ

美しく生きる、とは、
自分にとって、何かを専業として生きていくことなのか。
ナリワイをいくつも持って、
あるいは地域と共に生きていくのか。

そんなことをひとりひとりが問われている時代に突入した。
そしてそれこそが僕は希望だと思う。

ひとりひとりが美しく生きる、を追求した結果。
世の中はもっと輝きだす。

同じカテゴリー(学び)の記事画像
人生は経営である。ただし個人戦ではない。
「ひとり」に出会うこと
「機会」としての「学び」をつくる
「計画できない」という前提で、直感と好奇心で動き続ける
「手段」としての学びから「機会」としての学びへ
人生も熱中して遊ぶべきだ
同じカテゴリー(学び)の記事
 人生は経営である。ただし個人戦ではない。 (2019-08-25 05:56)
 「ひとり」に出会うこと (2019-08-13 08:27)
 「機会」としての「学び」をつくる (2019-08-03 08:42)
 「計画できない」という前提で、直感と好奇心で動き続ける (2019-07-24 09:39)
 「手段」としての学びから「機会」としての学びへ (2019-07-06 09:04)
 人生も熱中して遊ぶべきだ (2019-07-03 14:52)

Posted by ニシダタクジ at 04:22│Comments(0)学び
この記事へのトラックバック
新潟市北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
ケノーベルからリンクのご案内(2013/08/18 09:15)【ケノーベル エージェント】at 2013年08月18日 09:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。