プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2013年10月17日

キャリアを試作する~ハタチのあなたは完成版か?

キャリア設計とキャリア試作

大学時代にこの2つが必要なのだと思う。

「キャリアデザイン」にあまりにも
重きを置いた結果、
行動できない若者を生み出しているのではないか、
と感じる。

「キャリアデザイン」のキーワードを僕なりに整理すると。

1 適性
2 ビジョン(計画)
3 目標
4 行動
5 省察

数字の順番に来る。
したがって、
1と2の段階でつまづいていると、
永遠に「やりたいことは?」「自分の得意なことは?」
という問いを繰り返すだけで4の行動までたどり着かない。

これに対して、
僕が提案したいのは、
「キャリア試作力」

自分のキャリアを試作してみる、ということ。
試作だから、当然、不具合が出る。

いや、製品版になったときに、
不具合が出たら困るから、試作版で
いろいろ試すことが必要なのだ。
PCソフトでは、ベータ版と呼ばれる。

20代のあなた、
いや、ハタチのあなたは完成版だろうか?

絶対にそんなことはない。
まだまだ無限に成長していける、
究極の試作版ではないか。

これを体感することがまず大切だ。
自分の才能を固定したものととらえるのではなく、
まだまだ成長途上にあると実感することからすべては始まる。

「キャリア試作」のキーワードは、

1 衝動(共感)
2 試作(行動)
3 省察
4 目標
5 行動

ということになる。
試作と行動というのは、同じなのだけど、
自分の中で、「試作」だと思っていることが大切だ。

試作版は失敗して当たり前。
いや、むしろ失敗を歓迎することだ。
これで製品版になったときに気をつけることがわかるからだ。

キャリア試作。

このキーワードで、この秋、
新たな動きをスタートします。

自動車運転免許をまだ取っていない大学生のみなさんは
ご注目・ご検討ください。来週アタマには発表します。

同じカテゴリー(思い)の記事画像
「結節点」としての私と「わたしたち」
伽藍を捨ててバザールに向かえ
人生は経営であると伝えること
「ふるさと」を創出する方法
「勘違いする人」を増やすには?
ともに学ぼう
同じカテゴリー(思い)の記事
 「結節点」としての私と「わたしたち」 (2020-07-24 08:11)
 伽藍を捨ててバザールに向かえ (2019-11-01 09:12)
 人生は経営であると伝えること (2019-08-18 07:58)
 「ふるさと」を創出する方法 (2018-05-18 08:21)
 「勘違いする人」を増やすには? (2018-05-10 12:12)
 ともに学ぼう (2018-04-01 07:49)

Posted by ニシダタクジ at 07:02│Comments(0)思い
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。