プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2013年11月10日

ミシュランのガイドブックはなぜあるのか?

ミシュランのガイドブックはなぜあるのか?
「新しい市場のつくり方」(三宅秀道 東洋経済新報社)

読み始めました。
2100円と、かなり重厚だけど、
目次を見るとワクワクする1冊。

いきなりガツンとやられました。

「ミシュランのガイドブックはなぜあるのか?」

ミシュランは、フランスのタイヤメーカーです。
タイヤ屋がなぜ、レストランガイドを出しているのか?

ミシュランのレストランガイドが
最初に発行されたのは1900年(明治33年)。

~~~ここから一部引用

その当時、社会において、
自動車とその使い道はなんだかはっきりしないものだったのです。

そこへミシュランが、まずフランスのあちこちの
地方の美味しいレストランを格付けして紹介することで、
そのレストラン(当時は多くがホテルを兼ねていたそうです)
に行ってみたくなる人を増やそうとした。
そのことで自動車を、ひいてはタイヤを売ろうとしたのです。

~~~ここまで引用

熱い。
そして深いぞ、ミシュラン。

「自動車に乗って郊外のレストランに行く」
という文化を売ってるのです。

今でも、
ミシュランのガイドブックが発売された国では
ミシュランのタイヤの売り上げが3%伸びるととも言います。

文化を創造する。
ここにビジネスの志の出発点がある。

熱い本に出逢っちゃいました。

同じカテゴリー()の記事画像
チームになるとは、「問い」を共有すること
「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」
ウチに天才はいない。だがウチが最強だ。
ベクトルとして存在を許されるカフェという場
なぜ、若者は「地域」を目指すのか?
「好き」をベースに差異を理解し、チームのWHYをチューニングする。
同じカテゴリー()の記事
 「効率化」以外の解決策はないのか? (2020-11-28 07:59)
 チームになるとは、「問い」を共有すること (2020-11-27 09:43)
 それは「本屋」かもしれない (2020-11-04 07:20)
 「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」 (2020-10-25 07:57)
 ウチに天才はいない。だがウチが最強だ。 (2020-10-17 09:56)
 ベクトルとして存在を許されるカフェという場 (2020-10-15 06:21)

Posted by ニシダタクジ at 05:47│Comments(1)
この記事へのコメント
はじめまして、ミシュラン・ガイドブックの出発点、初めて知りました。これは阪急電車が、終点に遊園地や百貨店を作って電車の需要を生み出したことと同じですね。
Posted by mm at 2013年11月16日 17:28
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。