プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2013年11月18日

世界はインタビューでできている

ブックスキューブリック箱崎店
神戸の井戸書店と並んで、
僕の中で理想とする本屋さん。

常に好きな本屋ベスト10の上位に
ランキングしている。

このお店に入ると手に汗をかくぐらい、
ドキドキする。

なんなんでしょう。
この宇宙が詰まっている感じ。

「10坪の店でも、小さな宇宙は作れるんだ。」
と言ったのは、僕の本屋師匠の松岡さんだけど、
このお店は、まさに宇宙が広がっている。

買ってしまう。
というか、旅行中じゃなければ、
10冊くらい簡単にいってしまうんじゃないか、
って思う。

うっかり、2冊購入。(笑)
僕も本屋なのに。

世界はインタビューでできている
「インタビュー術」(永江朗 講談社現代新書)

2002年の発行。
大規模書店には、きっとあまり並んでいないのだろうな。山のような新刊に押されて。
今年4月に10度目の重版。ロングセラーだ。

ちょうど、インタビューについて
考えたかったので、衝動購入。
これが本屋さんの醍醐味だよな。

本屋さんで
「いい本あった。」
って思って、奥付で発行年見て、
アマゾンで検索して、レビューを少し読んで、
中古にしようか、新刊にしようか。

そんな「合理的な」何かではない真剣勝負が
本屋さんにはあるよね。

インタビュー術。
書き出しがよかった。

~~~ここから引用

あらゆるところにインタビューがある。
世界はインタビューでできている。
歴史はインタビューによって作られた。

新約聖書はイエス・キリストへのインタビュー集であるし、
仏典は仏陀へのインタビュー集だ。

~~~ここまで引用。

インタビュー。

これはもしかしたら、
大学生の必須科目になる日は近い。
というか、カリキュラム上はないけど、
きっとすでに必須科目になっている。

経験あるのみだ。

ツルハシブックスのサムライたちは
夏休みから「HAKKUTSU インタビュー企画」をスタートさせ、
若い人に届けたいこの1冊を聞き出している。
サムライたちも学びが多いようだ。

今週22日に説明会をする「働き方研究所」も
実在企業の経営陣にインタビューして、
課題の本質に迫る、
経営者インタビューをプログラムに組み込んでいる。

魅力を引き出し、編集する。
これこそがコミュニケーション力だと、僕は思うのだ。

自動車免許+キャリア基礎力
「働き方研究所}

11月26日(火)スタート
説明会 11月22日(金)18:00~
@新潟中央自動車学校
いよいよ、始まります。

世界はインタビューでできている

世界はインタビューでできている

同じカテゴリー(日記)の記事画像
差別化や資源化ではなく
対話的アプローチから始まる「土づくり」と高校魅力化
人と向き合わず目標に向かう
気が付くと地域と自らの人生の当事者になっている
10年後に最高の形で、この学校があるとしたら
自己の在り方生き方と一体的で不可分な課題
同じカテゴリー(日記)の記事
 差別化や資源化ではなく (2020-02-25 13:07)
 対話的アプローチから始まる「土づくり」と高校魅力化 (2020-02-24 07:03)
 人と向き合わず目標に向かう (2020-02-23 07:29)
 気が付くと地域と自らの人生の当事者になっている (2020-02-22 12:36)
 10年後に最高の形で、この学校があるとしたら (2020-02-17 06:21)
 自己の在り方生き方と一体的で不可分な課題 (2020-02-11 07:00)

Posted by ニシダタクジ at 07:35│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。