プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2009年08月26日

テーマを見つけること

「やりたいことがわからない。」
と多くの若者が悩んでいる。

では。
「やりたいことがわからない。」
と悩んでいれば、いつのまにか
やりたいことにたどり着いているのだろうか?

そんなことは絶対にない。

会津でも、こんなことを聞いた。
「決めなければ、全ての結果は偶然である。」

やりたいことが見つからなければ、
やりたいことをいつまでに見つけると決めるだけだ。
そしてそこに向かってアクションをしていくこと。
昨日、あるインタビューを受けていて気づいたこと。

やりたいことの前に、
まずは「テーマ」を見つけること。

これは、僕の場合は「環境」とか「農業」とか
だったわけだけど、別に「社会起業」とか「幕末」とか
でもいいのだろうと思う。

そのテーマが見つかれば、
そのテーマでひたすら人に会い続けること。
そして学び続けること。

そのときに起こるひとつのことがある。
「ネットワークが深くなる」ということ。

多くの人が
「ネットワーク」「人脈」を求めて、
いろんなイベントに参加したり、
飲み会に出たりする。
名刺交換をする。

しかし。
そこまでだ。

「知り合い」はネットワークではない。
こちらが何かあるテーマを持っているから、
向こうも情報を提供したくなるのだ。
自分のネットワークを紹介したくなるのだ。

だから、やりたいことを見つける前に、
まずはテーマを見つけることだ。

もし、テーマさえ見つからないとしたら、
どうするか?

「テーマ」を持つ人に会うことだ。
話を聞くことだ。
テーマを持つ人の強さを実感することだ。

「テーマ」を持つ人に出会える
もっとも有効な手段だと私たちが考えるもの。
それが「起業家留学」です。

志ある社長の下での半年間が
あなたに、テーマとは何か?について考えさせ、
自分自身のテーマを見つける手助けとなるでしょう。

大切なのは、
半年間でテーマを持つ、と決めることです。

同じカテゴリー(思い)の記事画像
人生は経営であると伝えること
「ふるさと」を創出する方法
「勘違いする人」を増やすには?
ともに学ぼう
違和感から問いへ。問いから仮説へ。仮説と志のあいだ。
瓶の中に紙切れを入れ、封をして海に流すことだけ
同じカテゴリー(思い)の記事
 人生は経営であると伝えること (2019-08-18 07:58)
 「ふるさと」を創出する方法 (2018-05-18 08:21)
 「勘違いする人」を増やすには? (2018-05-10 12:12)
 ともに学ぼう (2018-04-01 07:49)
 違和感から問いへ。問いから仮説へ。仮説と志のあいだ。 (2018-02-23 08:21)
 「向き合わない」で「パラレル」につくる (2018-02-09 08:33)

Posted by ニシダタクジ at 05:42│Comments(0)思い
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。