プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2013年11月22日

承認欲求とコミュニティ

「承認」が得られにくい世の中となっている。

だからこそ
人は、LINEやfacebook
でそれを補おうとする。

なぜ、承認が得られにくいのか。

その最大の理由は、
コミュニティの崩壊。

家庭
ご近所
商店街
学校
会社

その多くのコミュニティが崩壊しつつある。

残っているのは
一緒に体を動かすスポーツコミュニティくらいか。

だから、若者は生きづらい。

いわゆる「モヤモヤしている」。
その原因の筆頭は
承認欲求を満たされないことがあるのではないか?

しかし、多くの若者は、
その原因を、
「やりたいことがわからない」ことだと思っている。

「認められたい」という承認欲求を自らの中で認めること。

そして、そんなのをひとつひとつ作っていける
コミュニティを生み出していくこと。

できれば、
ありのままの自分を出せる「親和的承認」が
得られる場があると、
そこは自分にとっての安心空間となる。

承認欲求。
これが重要なキーワードになります。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「一回性」と「シェア」と「神話」
「場」に委ね、「学び」を待つ
「学び続ける」から「まなびはつづく」へ
何のための教育魅力化か?
「存在」は創造のエッジにある
探究の森の子どもたち
同じカテゴリー(日記)の記事
 「一回性」と「シェア」と「神話」 (2020-11-24 07:57)
 探究的に遊ぶ (2020-11-21 08:19)
 「場」に委ね、「学び」を待つ (2020-11-18 07:20)
 「学び続ける」から「まなびはつづく」へ (2020-11-16 08:28)
 何のための教育魅力化か? (2020-11-14 09:48)
 「存在」は創造のエッジにある (2020-11-10 08:07)

Posted by ニシダタクジ at 07:15│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。