プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2013年12月10日

ナリワイづくりを始める

金沢大学で3部構成の講座にゲスト出演。

第1部 時代を斬る10冊
第2部 ミニ講演
第3部 能登ラボ座談会(ワークショップ)

第1部では本を10冊紹介して
読んでみたい本に付箋を貼り、
「認められたい」の正体に10票はいりました。
やっぱり「承認」の話は共感されるみたい。


第2部では、
本業は何ですか?廃止宣言という
タイトルで、ナリワイをつくるをベースにして、
地域でナリワイのタネを見つけていくことを
お伝えしました。

そして第3部
杉本晴一くんとのコラボ企画。
これが非常に面白かった。

自分のルーツを探るマインドマップを書き、
その中でももっとも熱い原点を見つけ、
そのひとつに対して、何ができるのか?
を考えるワーク。

僕はやっぱり徳島の沖津さんに代表される熱い農家さんとの
出会いがやっぱりよかった。
熱い農家が恩人だと改めて感じた。
だから、何かを返さなくてはいけない。

販売代行して、売り上げを上げること。
これもたしかに重要だろう。

そのときにふと、5つの報酬のことを思い出した。
仕事には5つの報酬があると田坂広志さんが言う。

1 マネーリターン:働いた対価としてお金をもらう。
2 ナレッジリターン:業界の知識、働くときの知恵、経験を得る。
3 リレーションリターン:人間関係、人脈が将来役立つ可能性がある。
4 ブランドリターン:個人がひとつのブランドとして、どんな仕事をしてきたか?のひとつになる。
5 グロースリターン:人間としての成長が得られる。

このうち、なんらかの流通システムに出荷している農家さんが得られるのは、
なんだろうか?

もしかしたら、そこなのかも、と思った。

ネットで果物を売るだけではなくて、
3のリレーションリターンが得られるような、
直接買ってる人に出逢えるような販売。
共感とリスペクトが生まれるような関係。

そういうのを作れないかな?
と思った。

お客は誰か?
そして、彼らが本当に欲しいものはなんだろうか?
と問いかけることは、
仕事づくり、ナリワイづくりの第一歩になると思った。

杉本くん、素晴らしい機会をありがとう!

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「プログラム」「プロジェクト」を外から見る
対話の場をデザインする
チームひきだしで就活を「学びあい」に変える
「アイデンティティ」とか「個性」とか
本を届ける、「一箱古本市」
「リアルメディア」という参加のデザイン
同じカテゴリー(日記)の記事
 地域の暮らしに「伴走」する (2018-12-09 07:46)
 「場のチカラ」でひとりにフォーカスすること (2018-12-07 06:53)
 「プログラム」「プロジェクト」を外から見る (2018-11-30 09:12)
 対話の場をデザインする (2018-11-24 07:23)
 チームひきだしで就活を「学びあい」に変える (2018-11-23 08:36)
 「アイデンティティ」とか「個性」とか (2018-11-17 08:21)

Posted by ニシダタクジ at 05:53│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。