プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



新潟市西区内野町431-2
TEL 025-261-3188

平日12:00~19:00
土曜 7:00~21:00
日祝10:00~19:00
*火・水曜定休





QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ

2013年12月20日

肩書きから始まる

新潟中央自動車学校で開催した
名刺作成ワークショップが好評。
やっぱり自分の肩書きを考えるっていいなあと思う。

自分は何者なのか?
という問い。
名刺を作るたびに振り返る人生。

そういうのっていいなあと思う。

さあ。
僕もそろそろ2014年verの名刺をつくろうかと思う。

ヒーローズファームの肩書きは
地域と人生の小田原中継所プロデューサーなんだけど、
ツルハシブックスの肩書きをちょっと変えてみようかと。
空間づくりにちょっと重きを置いてみるのがいいかなあと。

入り口を開けた瞬間。
誰もが舞台の共演者となってしまうような、
そんな空間をつくりたいなあと。

だとすると、そこでの僕の役割はなんだろう?

かつて、
「人生の大道具小道具係長」
っていう肩書きのときもあったなあと。
若かりし頃は、
「映画西田卓司主演・監督」っていうのも。
完全に自分に酔ってるなあ。(笑)

「舞台の仕事」、などで検索。
舞台監督、音響、照明、大道具、演出、衣装、メイク、特殊効果・・・

なるほど。
いろいろあるなあ、舞台の仕事は。

ツルハシブックスがひとつの舞台だとしたら、
僕の役割は、なんだろう?

大道具係か演出家、あたりかなあ。
演出家だとやっぱり英訳はディレクターかプロデューサーになるのか。

などなど。
考えながら、2014年の肩書きが決まっていきます。

肩書きを考えるって楽しいですね。
あなたも2014年の肩書きを考えませんか?

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「目的」を無くす、ズラす「場」の魅力
「ふりかえり」と「自己評価」
「ターゲット」と「お客」のあいだ
「なぜ」「いま」「私が」やるのか
「コミュニティ」と「プロジェクト」のあいだ
「余白」があるから開かされる
同じカテゴリー(日記)の記事
 「機会提供」をする「アンサングヒーロー」 (2017-10-19 07:54)
 「承認欲求」と「他者評価」をイコールで結ばないこと (2017-10-11 08:09)
 「目的」を無くす、ズラす「場」の魅力 (2017-10-01 07:52)
 「ふりかえり」と「自己評価」 (2017-09-12 08:22)
 「就職」という「間借り」 (2017-09-08 07:55)
 好きがアートに変わるまで (2017-09-07 06:31)

Posted by ニシダタクジ at 06:48│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。