プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2014年02月18日

学習環境よりも学習機会、学習動機を提供する場のチカラ

放浪書房さん。


旅をしながら、
本を売り歩くという素敵なことをしています。
7月1日。
ツルハシブックスに来てもらいました。

放浪書房さんが売っているのは、
本ではなく、「一期一会」という機会だったのです。
瞬間のワクワクだったのです。

あれを思い出してみる。
放浪書房とはなんだったのか?

あれは、カッコよく言えば、
「究極の学習機会の提供」ではないか、と思う。
そして、何よりも
「偶然」があふれているというのがいいよね。

~~~ここから小説風

日常のなにげない通勤の帰り道の路上。
見慣れない屋台がそこにある。
思わず手に取った本を買ってしまう。

帰りの電車の中で読むと、
面白くてたまらなくなる。

もっと知りたい、
あるいは、旅に出たい、と思う。

しかし。
次の日、放浪書房はそこにはいない。

物語は終わり、
そして新たな物語が始まっていく。

~~~ここまで小説風

というような物語が生まれるのだ。

いま、子どもたちが一番必要としているのは、
学習環境、そして何よりも
学習機会、学習動機を提供することではないかと思う。

屋台を自分でやってみる、という学習機会。
そこから学びたいという欲求が生まれてくる。
そんなのを生んでいく場のチカラ。

放浪書房を科学する
ってなかなか面白いなあと思いました。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
もうひとつの拠点をつくる
システムを俯瞰して見ること
「少数派である」ということ
これまでの「物語」をつなぎ、これからの「物語」を始めていく
「やりたいことがわからない」とアイデンティティ不安
「やりたいことがわからない」と「自分に自信がない」
同じカテゴリー(日記)の記事
 もうひとつの拠点をつくる (2018-09-17 07:02)
 システムを俯瞰して見ること (2018-08-29 07:48)
 「若さ」という機能 (2018-08-10 09:02)
 「少数派である」ということ (2018-08-03 05:44)
 「働き方」と「暮らし方」 (2018-07-23 07:59)
 これまでの「物語」をつなぎ、これからの「物語」を始めていく (2018-07-11 09:44)

Posted by ニシダタクジ at 07:09│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。