プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ

2009年10月19日

インタビュー人脈術

巻多加良(たから)まつり。
災害炊き出し用のなべを使った3000食の
たから鍋。すごすぎました。

最後に出店を回っていると、
昨年のお店インタビューをした
人たちがたくさん店を出していました。

「まめてん」の大越食品さんの前を
通りがかると、
「これ、持ってって」と横綱揚げを頂く。

去年。
ポスター作りのために、
インタビューに一度言っただけ。
去年の祭から1年ぶりの再会。

実に会うのはわずかに3回目なのに、
何十年も常連かのような対応。

インタビューってすごい。。。

インタビューされると、
自分のことを分かってくれると思って、
好きになるのかな。

これを、インタビュー人脈術と名づけます。

地域に溶け込んだビジネスをするのなら、
まずはなんのメディアでもいいので、
(フリーペーパー、自分の新聞、ブログ、ポスターなど)
とりあえず片っ端からインタビューに行くというのがオススメです。

内野のまちでも、これはいけるかも。

同じカテゴリー(学び)の記事画像
教育の主体は集団であり、教育活動から受益するのも集団である。
ブレストに「否定しない」というルールは必要か?
学びの報酬は達成感ではなく、違和感を得て、問いが新たに始まること
士別れて三日ならば、即ち更に括目して相待すべし
僕は何のためにこの船に乗ったんだっけ?
アイデアが生まれる場所
同じカテゴリー(学び)の記事
 教育の主体は集団であり、教育活動から受益するのも集団である。 (2020-03-29 17:43)
 ブレストに「否定しない」というルールは必要か? (2020-03-27 08:51)
 学びの報酬は達成感ではなく、違和感を得て、問いが新たに始まること (2020-03-18 07:33)
 士別れて三日ならば、即ち更に括目して相待すべし (2020-03-15 05:49)
 僕は何のためにこの船に乗ったんだっけ? (2020-03-08 14:58)
 アイデアが生まれる場所 (2020-03-02 10:16)

Posted by ニシダタクジ at 05:36│Comments(0)学び
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。