プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2014年08月24日

コミュニケーションから生まれる小さなイノベーション

地域若者チャレンジ大賞2014
北信越ブロック予選の審査員でした。
(審査委員長の大役、ありがとうございました)

ブロック代表に選ばれた
東郷堂の月原くん、全国でも期待しています。

5人のプレゼン中、
いちばん心に残ったのは、
温泉旅館でインターンをした上條さんのエピソード。

お客さんが
「このへんのマップはないの?」
とフロントに言う。
フロントは、いつも出している温泉組合あたりが作った全体のマップを出す。

そこで!
と思った上條さんは
周辺マップを自分で歩いて作り、提出。
いまでもそのマップは温泉旅館におかれている。

それまで、その温泉旅館は、
お付き合い程度に1~2週間のインターンの受け入れ
を行っていただけだった。
あまり期待していない。

上條さんを初めての1か月受け入れ、
生み出すアウトプットによって、
インターンの価値を再確認できたのではないか?と思う。

このような老舗企業にこそ、
インターンが必要なのだと感じた。

大学生の価値は、
「行動力」と「コミュニケーションしやすさ」である。

よく、顧客アンケートや、インタビューなどを
やる企業があるが、
そのときも、紙だけで聞くのか、
社員が聞くのか、大学生のインターンが聞くのか?

で、出てくる答えが変わってくる。
そこから出てくるお客さん像や、
大学生が感じたことを形にすることで、
小さなイノベーションが起こっていく。

そのような
「コミュニケーションから生まれる小さなイノベーション」を
特に老舗企業は求めているのではないか。

大学生の価値は、
「行動力」と「コミュニケーションしやすさ」

そしてそのコミュニケーションした経験は
近い将来、仕事の現場で必ず役立ってくると僕は確信している。

答えは、社長の頭の中ではなくて、現場にあるからだ。

お客さんとコミュニケーションする先に、
次の打ち手が見えてくるからだ。

そんなことを改めて考えさせてくれた
北信越ブロック予選でした。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する
「一回性」と「シェア」と「神話」
「場」に委ね、「学び」を待つ
「学び続ける」から「まなびはつづく」へ
何のための教育魅力化か?
「存在」は創造のエッジにある
同じカテゴリー(日記)の記事
 「効率化」以外の解決策はないのか? (2020-11-28 07:59)
 「面白がる」というフィクションで「存在」を確認する (2020-11-25 08:17)
 「一回性」と「シェア」と「神話」 (2020-11-24 07:57)
 探究的に遊ぶ (2020-11-21 08:19)
 「場」に委ね、「学び」を待つ (2020-11-18 07:20)
 「学び続ける」から「まなびはつづく」へ (2020-11-16 08:28)

Posted by ニシダタクジ at 07:09│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。