プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 37人
オーナーへメッセージ

2014年08月31日

本屋をやることは人を好きになること

本屋をやることは人を好きになること

仙台にブックカフェ「火星の庭」がある。
2000年オープンなのですでに15年目だ。
http://www.kaseinoniwa.com/

すごく素敵な空間を作っていて、
居心地がよくて、3回も行ってしまった。

そして、この本。
本屋をやることは人を好きになること
「ブックカフェのある風景」(前野久美子 仙台文庫)

この本の中の一節にときめく。

「自分が古本屋をやると想像したとき、
気が付けばテーブルと椅子があった。
何の自信も経験もないけれど、

ヨーロッパで過ごしたブックカフェの心地良さだけは
しっかりと体にある。
そこに流れていた空気を今度は自分の住む街に
作りたいと思った。」

いいねえ、いい。
自分が思う「居心地の良い場所」を
自分の体が覚えていて、それを再現したい、といって
店ができていく。

そんな前野さんが大好きなミュージシャン友部正人さんの言葉。

「自由に生きることは自由に働くこと。
僕の仕事は歌うこと。
歌うことは人を好きになること。」

だから、前野さんにとって
ブックカフェをやることは人を好きになること。

いいなあ。
そうそう。
僕たちにとってもそう。

本屋をやることは人を好きになること。

いいですね、こういうの。

仙台で素敵な風に吹かれてきました。

同じカテゴリー()の記事画像
農民と云はず地人と称し、芸術と云はず創造と云ひ
消滅可能性都市⇒コモンズ再生可能性都市
「効率化」するチームから「対話と創造」するチームへ
「自分」という共有財産
「やらされ感」の正体
「承認」不安とアイデンティティ
同じカテゴリー()の記事
 農民と云はず地人と称し、芸術と云はず創造と云ひ (2021-02-25 07:43)
 消滅可能性都市⇒コモンズ再生可能性都市 (2021-02-15 08:25)
 「学びの手段化」からの解放 (2021-02-10 08:26)
 「効率化」するチームから「対話と創造」するチームへ (2021-02-04 07:50)
 「自分」という共有財産 (2021-01-31 09:00)
 「やらされ感」の正体 (2021-01-21 07:12)

Posted by ニシダタクジ at 06:26│Comments(0)足跡
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。