プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ

2014年08月31日

本屋をやることは人を好きになること

本屋をやることは人を好きになること

仙台にブックカフェ「火星の庭」がある。
2000年オープンなのですでに15年目だ。
http://www.kaseinoniwa.com/

すごく素敵な空間を作っていて、
居心地がよくて、3回も行ってしまった。

そして、この本。
本屋をやることは人を好きになること
「ブックカフェのある風景」(前野久美子 仙台文庫)

この本の中の一節にときめく。

「自分が古本屋をやると想像したとき、
気が付けばテーブルと椅子があった。
何の自信も経験もないけれど、

ヨーロッパで過ごしたブックカフェの心地良さだけは
しっかりと体にある。
そこに流れていた空気を今度は自分の住む街に
作りたいと思った。」

いいねえ、いい。
自分が思う「居心地の良い場所」を
自分の体が覚えていて、それを再現したい、といって
店ができていく。

そんな前野さんが大好きなミュージシャン友部正人さんの言葉。

「自由に生きることは自由に働くこと。
僕の仕事は歌うこと。
歌うことは人を好きになること。」

だから、前野さんにとって
ブックカフェをやることは人を好きになること。

いいなあ。
そうそう。
僕たちにとってもそう。

本屋をやることは人を好きになること。

いいですね、こういうの。

仙台で素敵な風に吹かれてきました。

同じカテゴリー()の記事画像
チームになるとは、「問い」を共有すること
「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」
ウチに天才はいない。だがウチが最強だ。
ベクトルとして存在を許されるカフェという場
なぜ、若者は「地域」を目指すのか?
「好き」をベースに差異を理解し、チームのWHYをチューニングする。
同じカテゴリー()の記事
 「効率化」以外の解決策はないのか? (2020-11-28 07:59)
 チームになるとは、「問い」を共有すること (2020-11-27 09:43)
 それは「本屋」かもしれない (2020-11-04 07:20)
 「達成」と「発見」を動的平衡できる複数の「場」 (2020-10-25 07:57)
 ウチに天才はいない。だがウチが最強だ。 (2020-10-17 09:56)
 ベクトルとして存在を許されるカフェという場 (2020-10-15 06:21)

Posted by ニシダタクジ at 06:26│Comments(0)足跡
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。