プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2014年10月18日

軽やかなる革命

小さく、静かに、
そして、軽やかに。

これからの革命のカタチを見た。

岡山県真庭市の小さなパン屋「タルマーリー」。
この夏に「田舎のパン屋が教える 腐る経済」
を読んでからずっと行きたかった場所。


玄関はこんな感じ。

中にはカフェスペースもあり、

いたるさんにサインを頂きました。


岡山から藤井くん、長野くんたちも合流してくれて、
新見まで送っていただきました。大感謝。

感想。
いたるさんは、とても軽やかでした。
人生を楽しんで生きる
ひとりの青春人でした。

軽やかなる革命が始まっている。

タルマーリーは、
そんなことを感じさせる空間でした。

小さく、
静かに、
そして軽やかに。

ツルハシブックスもそんな本屋になりたいなあ。

同じカテゴリー(学び)の記事画像
未来を見たい人のための本
「何者かにならなくてもいい」
何者でもない大人に出会える場所、何者でもない自分でいられる場所
ファースト・アルバム
「一期一会」を演出するチューニング・ファシリテーション
未来に対して「フラット」であること
同じカテゴリー(学び)の記事
 未来を見たい人のための本 (2019-03-09 11:14)
 「人を手段化しない」場のチカラ (2019-02-01 09:47)
 クラウドファンディングそのものが「作品」になり得るのか (2019-01-31 11:32)
 「何者かにならなくてもいい」 (2019-01-30 10:00)
 何者でもない大人に出会える場所、何者でもない自分でいられる場所 (2019-01-29 11:32)
 ファースト・アルバム (2019-01-27 10:22)

Posted by ニシダタクジ at 09:49│Comments(0)学び
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。