プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2014年10月27日

手紙



土曜日の夜。
「偶然」が起こった。

大学生の穂月ちゃんが寄贈した本を
自分で地下に置いてきて、
そこに居合わせていた高校生男子が発掘した。

置きに行くのを見ていたので、
完全にその本を狙っていったのだけど。

土曜日の夜に本屋に居合わせたということは
まぎれもなく「偶然」である。

発掘された本は
「非属の才能」(山田玲司 光文社新書)

手紙。
ふと、そんな言葉が浮かんだ。

地下古本コーナー「HAKKUTSU」は
郵便屋さんのようなものだ。

本を通じて、
「何か」を届ける。

その「何か」が受け取られるかどうかわからないのだけど、
それを地下に託す。

「偶然にも」それを目にとめた若者がいて、
その人の心を動かし、
なんらかのきっかけになったらいいと思う。

2010年6月16日のブログ
http://hero.niiblo.jp/e73613.html

アンジェラ・アキの手紙の大ヒットに、
言いようのない憤りを感じた。

「いまはつらくても、年を取れば、
そのうち解決するから、なやんでいてもいい。」

そんなメッセージをテレビの中からしか
伝えられない社会に、
ただただ、憤っていた。

それから約1年後。
2011年6月の一箱古本市をきっかけに、
7月に地下古本コーナー「HAKKUTSU」
が始まった。

それから3年が過ぎて、
大学生の本を高校生が発掘するという現場に立ち会えた。

「手紙」
待っているかもしれない誰かのために、
あなたも本に手紙を託してみませんか?

☆ツルハシブックス第1期劇団員100名募集☆

ツルハシブックスでは、劇団員を募集しています。
第1期は2014年9月~2015年3月です。
募集締め切りは100名到達または10月31日(金)です。

月額 1,080円
支払方法 
・クレジットカード決済
・店頭6か月払い6,000円、1年払い10,000円
・銀行振り込み

申し込み方法
店頭で申込書を記入
または
メール tsuruhashibooks@gmail.com へ「劇団員申込み」として以下の情報をお送りください。

・氏名(ふりがな)
・住所
・生年月日
・連絡先電話、メールアドレス
・希望支払方法(クレジットカード引落し/半年6,000円振込/年間10,000円振込)
・劇団員名鑑&パスポート用プロフィール画像
・劇団員名鑑に載せるプロフィール(※名鑑に公開してよい情報をご記入ください)
 1 氏名(ニックネーム)
 2 キャッチフレーズ
 3 誕生日
 4 居住地
 5 好きな食べ物
 6 人生を変えたこの1冊
 7 出没スポット
 8 他の劇団員との連絡希望方法(メールアドレス・SNS・「ここに行くと会えます」など)

※サンクチュアリ出版副社長金子仁哉さん(ニューヨーク在住)も
先月、第1期第2期劇団員に申し込みました。


詳しくはこちらから。
http://tsuruhashi.skr.jp/boshu

同じカテゴリー(日記)の記事画像
もうひとつの拠点をつくる
システムを俯瞰して見ること
「少数派である」ということ
これまでの「物語」をつなぎ、これからの「物語」を始めていく
「やりたいことがわからない」とアイデンティティ不安
「やりたいことがわからない」と「自分に自信がない」
同じカテゴリー(日記)の記事
 もうひとつの拠点をつくる (2018-09-17 07:02)
 システムを俯瞰して見ること (2018-08-29 07:48)
 「若さ」という機能 (2018-08-10 09:02)
 「少数派である」ということ (2018-08-03 05:44)
 「働き方」と「暮らし方」 (2018-07-23 07:59)
 これまでの「物語」をつなぎ、これからの「物語」を始めていく (2018-07-11 09:44)

Posted by ニシダタクジ at 08:54│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。