プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2014年11月02日

滞在時間を増やすとリピーターになる

僕は小売業の素人だった。
いや、現在進行形でした。
いまだに素人なのだと思います。
おつりのお札がコンビニの店員さんみたいに数えられません。

2011年3月20日。
東日本大震災の直後で、
新潟でも卒業式や送別会の自粛が相次いだ雰囲気。

そんな中でひっそりとオープンした
ツルハシブックス。

いま、ツルハシブックスは、
人が集まる本屋、
滞在時間の長い本屋として、
みんなから認識されている。

昨日は、朝8時に集合して、
朝市でおかずを買って朝ごはん食べるという
初イベントを開催。


雨の中、朝市を堪能。

超豪華なおかずたち。

10時過ぎまでやっていたので、
朝ごはんに参加した人たちは、
本屋の滞在時間2時間超。
この間に売れた本、0冊。(笑)

もっと本の話をすればよかった。
まあ、そのあとに出かけて帰ってきた後
まりちゃんが小説を買って、
店内のソファーで読み終わっていたけど。

まりちゃんの昨日のツルハシブックス滞在時間は、
8時~11時と15時半~19時半なので
7時間は店にいたことになる。

そもそも。
どうしてそんなことになったのか?

「人が集まる場所をつくりたかった」
という風に答えてはいるけど、
本当は、オープン当初、
小売業として、なんとか売り上げを伸ばしたかった。

それでいろいろビジネス書を読んでいたのだけど、
そうすると、気になる一節があった。

「初回来店時の滞在時間が長ければ長いほど、
2度目に来店する可能性が高くなる。」

そうか!
最初に来店した時の滞在時間が長ければ、
リピーターになってくれるのか。

では、どうしたら初回来店時の滞在時間が長くなるのだろうか。

1 話しかける。

まずは話しかけたらいいのではないか。
相手のことを知りたい、という思いで、
「どこから来たのか?」
「大学生だったら何年生なのか?」
「高校生なら部活をやっているのか?」
と話しかける。

あるいは、
「地下古本コーナーがあるのでいかがですか?」
と聞いてみる。

2 説明する。

不思議な本屋さんだと認識されているかもしれないので、
全体を説明するのも必要かもしれない。
こちらが新刊コーナー、地下が古本コーナー。
奥が一箱ギャラリーになっていて、
フリーペーパーはこちら。トイレもご自由にお使いください。
はじめてきた、という人にはそこまで説明したほうがいいだろう。

3 食べさせる。

何かを食べさせると、話が弾む。
これは経験的に、実感していることだ。
食べるときになかなか立って食べる人はいない。

しかし、初めて来た店で、
何か食べ物をもらう、というのは
勇気のいる行為だ。
特にお返し文化で育ってきている人にはドキドキする。

だから、食べるのを誘うほうも気遣いが必要だ。
「これ、差し入れで大量にもらったんですけど、食べませんか?」
今だと、頂いた柿が大量にあるので、
剥いて食べてほしい。

この「差し入れで」(あるいは「おみやげで」)もらったのだという表現は、
お客さんのハードルを劇的に下げることが実証されている。

なんというか、リアルな話で言えば、
「原価がタダなのだ」と認識できるし、
あるいは、「余ってももったいないから手伝ってあげようかな。」
という気分になる。(はずだ)

そして何より、第一印象で、
「差し入れやお土産がもらえる本屋=お客さんから愛されている本屋」
だと認識されるから、好印象となる。

こうして、
まず話しかけて、店内の説明をして、
なにかを食べてもらう。
これがツルハシブックス店員サムライの基本だ。

そうすると
滞在時間が長くなり、
先のビジネス書の法則からすると、
リピーターとなり、売り上げが劇的に上がる、はずなのだが、、、

まだあまり結果はあまり追いついて来ていない。(笑)

滞在時間2時間で何も購入しない、
という小売業は、なかなかないのではないか。

まあ、でもそれが
「何も買わなくても、そこにいてもいい」というのが
本屋、とくに新刊書店の強みでもあるのだから、
もともとのプラットフォームづくりやコミュニケーションデザイン
という観点からは、大きく成功しているプロジェクトになっていると
僕は思っている。

若者(中学生~大学生くらい)の居場所づくりを検討中の
大学や商店街、地域のみなさん、
コミュニケーション本屋という方法論もありますよ!

同じカテゴリー(日記)の記事画像
にいがたイナカレッジという「問い」
「好きなこと」という「点」をいっぱい打っておく
もうひとつの拠点をつくる
システムを俯瞰して見ること
「少数派である」ということ
これまでの「物語」をつなぎ、これからの「物語」を始めていく
同じカテゴリー(日記)の記事
 にいがたイナカレッジという「問い」 (2018-10-12 06:40)
 「好きなこと」という「点」をいっぱい打っておく (2018-09-26 08:11)
 もうひとつの拠点をつくる (2018-09-17 07:02)
 システムを俯瞰して見ること (2018-08-29 07:48)
 「若さ」という機能 (2018-08-10 09:02)
 「少数派である」ということ (2018-08-03 05:44)

Posted by ニシダタクジ at 06:05│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。