プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2014年12月30日

高齢者地域は親和的承認の機会を得る場として魅力的

昨日のつづき。
「自信がない」はあとから獲得された資質である。

それは社会システム側から見た見方であり、
もうひとつ、若者自身の側から見ると、

ひとつの原因は、
「親和的承認の機会の不足」である。

参考:
「承認欲求を超えるには」(2014年6月21日)
http://hero.niiblo.jp/e433586.html

山竹伸二さんの著書
「認められたいの正体」によると、
人間の承認欲求は、

「親和的承認:ありのままの自分を受け入れてもらう」
「集団的承認:集団の中で役割を果たすことで承認してもらう」
「一般的承認:社会一般でいいとされることをすることで承認してもらう」
3段階があるという。

そして、本来であれば、
親和的承認から徐々にステップアップをしていくのだという。

僕はここに、
大学生たちが「社会貢献」というキーワードに惹かれる
理由があると思う。

実は彼らに足りないのは、
ベースとなる「親和的承認」の機会だ。

そして、地域コミュニティの崩壊と共に、
地域は、若者への「親和的承認」の機会を失ったのである。

たとえば、道行く小学生が暗い顔して歩いていたら、
魚屋のおっちゃんが、
「ぼうず、どうした?何か嫌なことでもあったか?」
と声をかけるということ。

お菓子屋さんが、
おい、大判焼きでも食べていくか?
と声をかけること。

「あなたを見ていますよ。」
「あなたに関心がありますよ。」
というメッセージを伝えていくこと。

実はこれがすごく大切だったんじゃないか?

かつて、3世帯が同居して住んでいた時。
あるいは今でも地域のつながりが強すぎる場所に行くと、
監視と同調圧力はともかく、
そこには「親和的承認」の機会があった。

いつのまにか、核家族になり、
地域コミュニティのつながりが希薄になり、

子どもたちの多くは、
「条件付きの愛」を受けるようになった。

「勉強をがんばったら」
「いい子にしていたら」
褒められるのである。
つまり、もっともベースにある承認欲求を満たされない状態にあると思う。

大学生が日本海に浮かぶ離島、粟島に行くと、
何が起こるか?

まさにさっきの魚屋現象が起こるのである。
(特に夏ではないシーズンオフに行くと顕著だ)

歩いているだけで、
「どっから来た?」
「どこへ行くんだ?」
「この島には何もないがいいところだ」
と声をかけてくれる。

そう。
親和的承認の機会が得られるのだ。

実はそれが、
上書きされた「自信のない自分」
をリセットするためのリハビリの第一歩になると思う。

離島や中山間地、そして商店街といった
高齢化した地域は、
若者のリハビリの場としての
第一歩を踏み出すところになり得ると僕は思っている。

粟島にひとり旅に行きませんか?
民宿に2泊すれば、その家はもはや、あなたの実家のようになります。

同じカテゴリー(思い)の記事画像
「ふるさと」を創出する方法
「勘違いする人」を増やすには?
ともに学ぼう
違和感から問いへ。問いから仮説へ。仮説と志のあいだ。
瓶の中に紙切れを入れ、封をして海に流すことだけ
ローカル・リベラルアーツ・ラボラトリー
同じカテゴリー(思い)の記事
 「ふるさと」を創出する方法 (2018-05-18 08:21)
 「勘違いする人」を増やすには? (2018-05-10 12:12)
 ともに学ぼう (2018-04-01 07:49)
 違和感から問いへ。問いから仮説へ。仮説と志のあいだ。 (2018-02-23 08:21)
 「向き合わない」で「パラレル」につくる (2018-02-09 08:33)
 瓶の中に紙切れを入れ、封をして海に流すことだけ (2017-12-11 08:33)

Posted by ニシダタクジ at 08:38│Comments(0)思い
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。