プロフィール
ニシダタクジ
ニシダタクジ
 ツルハシブックス劇団員。大学在学中、「20代サミットメーリングリスト」に出会い、東京王子「狐の木」に育てられました。豊かさとは、人生とは何か?を求め、農家めぐりの旅を続け、たどり着いたのは、「とにかく自分でやってみる。」ということでした。
 10代~20代に「問い」が生まれるコミュニケーションの場と機会を提供したいと考えています。



QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
オーナーへメッセージ

2015年02月22日

「正しさ」より「対話」を

教育に関しては特に、
「正しい」ことなど、存在しないのかもしれない。

長野県伊那市高遠にある「まあるい学校」
http://www.inadani-maaruigakkou.com/



「学校」とは言いながら、
校舎はちいさなゲルだった。
いや、まあるいだからゲルしかないのかもしれない。


中から見るとこんな感じ。


代表の濱ちゃん。

魅力的な人に出会ってしまった。
松下村塾のような学びあう空間が、
きっとそこにはこれからできていくのだろう、と
僕の感性が反応していた。

「正しさ」など、存在しない。
学校も単なる「現時点での多数派」に過ぎない。

もちろん、オルタナティブスクールもそうだ。
正しい教育法などあるはずがない。

だから、対話をしていくのだ。
宮沢賢治が言ったように、
「永久の未完成、これ完成である」を地で行くことだ。

子どもたちと、親と、学校と、そして世間と
対話をしながらつくっていく。

それが「まあるい学校」だと
僕は勝手に思ってしまった。
素敵だなあと思う。

たくさんの対話が詰まっているような、
そんな本屋さんを僕もつくりたいと思った。

素敵な機会をありがとうございました。
濱ちゃんと「まあるい学校」、これからも注目していきます。

同じカテゴリー(学び)の記事画像
「理由」はまだ、ない。
未来を見たい人のための本
「何者かにならなくてもいい」
何者でもない大人に出会える場所、何者でもない自分でいられる場所
ファースト・アルバム
「一期一会」を演出するチューニング・ファシリテーション
同じカテゴリー(学び)の記事
 「理由」はまだ、ない。 (2019-04-21 05:48)
 未来を見たい人のための本 (2019-03-09 11:14)
 「人を手段化しない」場のチカラ (2019-02-01 09:47)
 クラウドファンディングそのものが「作品」になり得るのか (2019-01-31 11:32)
 「何者かにならなくてもいい」 (2019-01-30 10:00)
 何者でもない大人に出会える場所、何者でもない自分でいられる場所 (2019-01-29 11:32)

Posted by ニシダタクジ at 20:47│Comments(0)学び
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。